2008年 2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年2月27日(土曜日)
本日解禁
2009年7月15日(水曜日)
[報告]歌声市場
2009年6月26日(金曜日)
[灘中央市場]市場でグルメ!お座敷イベント
2009年6月22日(月曜日)
市場バンド、山のマーケットへ
2009年5月17日(日曜日)
リュックサック「風」マーケット
私を市場に連れテッテ! 月別過去ログ
私を市場に連れテッテ! カテゴリ一覧
私を市場に連れテッテ! 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
25 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 私を市場に連れテッテ! を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 25

もっと...

2008年2月21日(木曜日)

凪さん家のたこさんウインナ

カテゴリー: - naddist @ 23時55分56秒

前回紹介した「バレンタイン天」
こんな感想をいただきました。

「ハート天もいいけどその後ろのモノが気になるんだよね」
「なんだか、てりっとした○○状のモノは一体何?!」

バレンタイン天

さすが、お目が高いナダタマの読者様。
ハート天の後ろでぼんやりと寄り添う2人、いや2匹。

実はこの2匹には、以前からどのシチュエーションでお出まし願おうか
機をうかがっていたのです。
で、前回バレンタインにかこつけてご出演いただいた次第です。
え〜、畑原市場の凪蒲鉾店のたこさんウインナ達です。

凪さん家のたこさんウインナ

「え〜たこさんウインナって売ってるものなの!?」
売ってるのです。
たこさんウインナーを。
市場では。

つまりですね。
ちょっとした手間なんですね。たこさんウインナは。
いや、ビミョーな手間と言った方がいいかもしれません。
この手間がかかり感が弁当における愛情表現の要なわけです。
じゃあ冷凍でいいじゃん、中国で作った方が安いしねってことになっても
「お弁当に大人気!冷凍たこさんウインナ」
というのはなかなか商品化されない。
要はメーカー側としては、
「ま、これくらいだったら家で作れよな」
というニッチな素材なわけです。
弁当アイテムとしてはあれだけメジャーなのに、流通業界及び弁当業界及び
冷凍業界及びウインナ業界及びたこさん業界から完全に見放されたのです。

市場は違います。
懐が深い。
たこさんウインナにも愛情を注ぎ商品化するのですよ。
手間を惜しまず足の切り込みを入れ「商品」にするのです。
もちろん、市場の店は食のプロですから、匠の技をからめてきます。
トーシロのたこさんウインナとはひと味違います。
凪さんちのたこさんウインナの頭部、いや生物学的には頭ではなく胴だそうですが
そんなことはこの際置いておいて、頭部らしきものにご注目いただきたい。
鉢巻きがあるでしょう。
タコと言えばやはり鉢巻きは切っても切れないものです。
「たこのはっちゃん」は、きりりと鉢巻きを巻いていて欲しいわけです。
でもそれが弁当に入るときはなぜか鉢巻き着用率が落ちます。
これは由々しきモンダイです。
弁当のおかずだからって鉢巻きを外すなんてことが許されてはならない。
これでは「安保反対!」を叫び、鉢巻き姿で国会に突入した「全タコ連」の
闘士たちに申し訳が立たない。

でも、市場のたこウインナには鉢巻きがあります。
しかも竹輪。
「春の海 蛸の頭に 竹輪かな」
瀬戸内ののどかな春を詠んだ、こんな一句が浮かびそうなタコさんウインナ。
これこそ匠の技です。
神田川俊郎風にいえば
「お弁当 ちょっと工夫で この美味さ」
でしょうか。

そしてこのたこさん、炒めるのではなくて「揚げている」のです。
通常たこさんウインナは炒めますよね。でもここは天ぷら屋さんですから、
揚げちゃうわけです。
そこの奥さん、よーく聞いてくださいな。
ここ大事です。
なんと一介のたこさんウインナが縁起物に昇華しているのですよ!
つまり「たこ揚げ」。
そう、正月の凧揚げと同じです。
この一品をお弁当に忍ばせることによって、家族の幸運を願うラッキーフーズ
になるのです。

ちょっとしたことなんだけど、家ではできない一手間。
もちろんメーカーでは対応できない(思いつかない)一手間。
ここに市場の生きる道があります。
何気ない「揚げたこさんウインナ」ですが、実はここに大きな示唆があるのです。

お弁当にそっと「市場のたこさんウインナ」を添えてくださいな。
きっとそのお弁当は楽しくなりますって。
そして午後からの仕事や勉強がはかどりますって。


2008年2月11日(月曜日)

凪蒲鉾店のバレンタイン天

カテゴリー: - naddist @ 23時55分01秒

今年もバレンタインの季節がやってまいりました。
私的な話で申し訳ありませんが、私にとってはバレンタインといえば年賀に続く軽い
時候のご挨拶がわりてなもんでして、いつもお世話になっている仕事のクライアントに、
「灘製のチョコレート」なんぞをお送りするわけです。
そしたら
「まあ、いつも神戸のおいしいスイーツをありがとうございます」
「やはり神戸のスイーツはおいしゅうございますねえ」
などおおむね好評なのでありますが、ま、私のことでございますから
「いえいえ、神戸のスイーツではなく『灘のスゥウィーツ』でございます。
 ほら、製造住所をご覧遊ばせ。神戸市『灘区』となってございましょう?
 かように灘区というところは…」
などと灘宣伝が止まらなくなるわけです。
すると先方は
「では神戸といえばやはり灘区なのですね」
などと申されるものですから
「いえ、灘区はあくまでも灘区なのです。たまたま神戸に属しているだけです」
てなことを言ってしまって、あげくの果てには
「灘区は神戸市におけるバチカン市国みたいなものなのです」
などと付け加えてしまって、先方を混迷の淵に突き落としてしまうことも多々
あるのです。
ま、人様にはそんなものを差し上げる私でありますが、実を言うと甘いものが
少々苦手でして、どっちかっていうとコッチの方がアレでして、ナニのほうが
アレなわけです。
わかりにくいですよね。
要するに甘いものより酒のアテ的なものが好きなわけです。
だからバレンタインデーには、私的には
「ブラックチョコレートに見えて実はイカスミ蒲鉾」とか
「断面がハート形のカラスミ」なんぞをいただけるとシアワセなのであります。

そんな私好みのバレンタインアイテムが市場にはあります。
畑原市場、凪蒲鉾店のハート型天ぷら。
コレです。

凪蒲鉾店

どうです。
もうハートを打ち抜かれたような、切ない気分になりませんか?
思春期のど真ん中にほおりこまれたかのような感覚になりませんか?
ギュっと噛みしめたくなる、いとおしさがありませんか?
そのくせ熱燗にも合うオッサン対応バレンタインフード。
いや、焼酎にも合うかもしれません。
あるいはパパのお弁当にちょっと忍ばせておく。
チョコレートだとありきたりだし、ケチャップでハートを描くのもいまさら…
でもなにかしらのバレンタインメッセージをという方にもうってつけの一品です。
なんせ「天ぷら」っすからね。気取りがない。衒いがない。
もちろん正真正銘の市場の職人さん手作り。
どこぞの冷凍食品とは違います。
でもって3本50円ってのもうれしい。
も、こういうの弁当に入れてくれる奥さん、大好きです。

実はこのハート型天ぷら、名前がないんです。
ふつう「ゴボ天」とか「キクラゲ天」とか、天ぷら系商品には名前がついていますよね。
「なんで名前つけないんですか?」
という私の問いに対するご主人の答えが素敵でした。

「名前は付けてないけど、味はちゃんと付けてるで!」

スイーツばかりが神戸じゃない。
ああ、いとおしい、市場の「バレンタイン天」。
今年のバレンタインデーには是非。

バレンタイン天


30 queries. 0.030 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress