2007年 8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘建築夜話 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...

2007年8月30日(木曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(11)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 その後、銀次郎がどのような道をたどったのか。

 明治期を中心に、近代の実業家というのは、幾つかの
例外を除いては、修行時代は経歴が詳らかではないこと
が多い。伝記でも、適当にごまかして書いてしまう、い
わば伝説時代といったところか。

 はっきりしているのは、東京英和学校を中退してから
約二年の空白の後、明治30年ごろに大阪中之島の貿易会
社・吉田商会に身を寄せた、ということだ。
 しかし、この会社はほどなく閉店となってしまった。
やむを得ず、銀次郎が次に目指したのは、神戸だった。

 日清戦争後の神戸は、鈴木岩次郎の急逝を受けて、
金子直吉と柳田富士松という二人の番頭により、鈴木商
店が洋糖や樟脳の商いを通じて徐々に頭角を現し、大阪
出身の兼松房次郎が、栄町通に兼松商会を興し、日濠貿
易に乗り出そうとしていた、そんな時代だった。

 今の中突堤のあたりに立てば、川崎尻では元勲松方正
義の長男・幸次郎を後継の経営者として迎え入れた、薩
摩出身の川崎正蔵が、払い下げを受けた元兵庫造船所の
拡張の青写真を描いていた。

 来るべき時代を見据えた地脈が、町のそこかしこで脈
を打ち始めている、そんな空気がみなぎっていた神戸に
銀次郎は降り立った。
      
 足立という、やはり輸出入を取り扱う商店に入店した
銀次郎は、雑用にきりきり舞いになりながらも、次に目
指すべき道を少しずつ探し始めていた。
                (この項、つづく)


2007年8月26日(日曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(その10)

カテゴリー: - dr-franky @ 08時20分00秒

 山下は、 やや表情を曇らせて、
「だがな、あいにく、ウチはついこの間、暖簾を上げたばかりで、
なかなか人を抱えて、という余裕はないんだ」。と事情を伝えた。

 「なあ銀次郎さんとやら、横浜は開港場だが、主だったところ
は毛唐が先取りして、こっちはおこぼれに預かるのもやっとの状
態だ。それよりも、大阪や神戸を目指したほうが賢明かも知れん
な」。

 「大阪・・・ですか」。銀次郎の表情は沈んだ。せっかく新天
地を求めて東上したにもかかわらず、西へ戻るというのは、銀次
郎といえども、踏ん切りがつかないところだった。
 銀次郎の当惑を見透かすように、山下は続けた。

 「大阪と神戸にも居留地がある。だが、帝の許しがなかなか出
なかったこともあって、開港が遅れた。大阪はそこへ来て、洋船
が天保山あたりまでしか入らない。だから外国人は、古からの良
港である神戸へ移って行っているらしい。」
 「毛唐にあごで使われるよりも、大阪の日本人の店に入ったほ
うが修行には向いているぞ。悪いことは言わんから、大阪へ行っ
てみな」。

 銀次郎は、「そこまで言われるなら、大阪へ行きます」と告げ
た。「銀次郎さんよ、もうおそらく会うことも無いだろうが、大
阪で名を挙げる日が来ることを、祈って居るよ」。山下は笑った。
 
だが、後年、互いに「戦友」とでもいうべき間柄となるまでに
至ることを、山下も、銀次郎も、このとき知る由も無かった。
                    (この項つづく)    


2007年8月16日(木曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(その9)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 東京英和学校を辞した銀次郎だが、幾ら熱意があるといっても、
ぽっと出の若者を従軍記者として採用しようという新聞社など、当然
の事ながらあろうはずもかった。
 いや、従軍記者というのは口実に過ぎなかったのかもしれない。
 彼は横浜の居留地近くを歩いていた。従軍記者が駄目なら、居留地
の貿易商人の懐にもぐり込んでやろう、と考えたのだ。
 
さりとて、煉瓦造や石造風の立派な商館に飛び込む肝っ玉は、流石
の銀次郎も未だ持っていなかった。ふと、傍を見ると「洋紙取扱山下
商会」という看板が上がった仕舞屋が目に付いた。「紙か。これから
の時代、紙は飛躍的に需要が伸びるだろうし、ここで商売人の見習い
をするのも悪くは無いか。よし一丁、ここへ飛び込んでみるか」。従
軍記者への想いはどこへやら、この淡白さも銀次郎なのである。
銀次郎は戸の向うへ声を掛けた。

 戸をあけて出てきたのは、浅黒で、小柄だが眼の底には鋭いものを
秘めた、年のころは三十前の男だった。
 「御用向きは」、胡散臭そうに銀次郎の顔を見て、店の主人らしい
小男がぶっきらぼうに切り出した。
 銀次郎は「人手は要りませんか」と申し出た。「一旗挙げようと、
東京へ出てきたが、なかなか思ったような稼ぎ口が無くて。」

 「おぅ、お前ぇさん、伊予の出か」最初は怪訝そうな眼差しの男−
山下の目が少しだけ緩んだ。どうも、この男も伊予の国から出てきた
ようだ。
 銀次郎は手短にここへ来るまでのいきさつを話した。
 「へぇそうかい。無鉄砲にも程があると思うが、どこかへもぐりこ
もう、というのは眼の付け所がいいかもしれん」。けなしているのか
ほめているのか、どちらともいえない言い草で山下は返した。だが、
追い払うでもなく、銀次郎に座布団を勧めた。
 銀次郎の不思議な魅力を、山下は感じていたようだった。
 銀次郎は進められるまま、腰をおろした。  (この項つづく)
 


2007年8月11日(土曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(その8)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時40分21秒

 明治27(1894)年7月25日の豊島沖海戦を直接の契機に、8月1日に
日本国政府は清国政府に戦線を布告、後に日清戦争と呼ばれるようになる
戦争が始まった。
 このとき、日本国政府の開戦の判断に賛同した中に、ほかならぬ本多
庸一がいた。
 本多は、清国との戦争は義である、として軍隊への協力などを惜しま
なかった、と伝えられている。そうした本多の行動の背景として、先年
来のキリスト教=反国家という攻撃への、いわば対抗策をとろうとした
のだ、ということが言われている。
 ともかくも、国家的な難局に遭っての学校長・本多の取った行動に、
学生達の間でも、なにかに関わらなければ、という若さゆえの義侠心に突
き動かされる者も少なくなかったという。
 そうした中に、ほかならぬ銀次郎の姿もあった。

 英和学校の食堂では、昼食時になると誰かが新聞を仕入れてきて食卓の
上に広げては、議論の輪が出来ていた。
 新聞は、平壌の陸戦の様子を生々しく伝えていた。
 「もし君なら、戦地にどんな立場で赴くかね」、と隣の組の儀助が質問
を皆に投げかけた。
 「従軍記者・・・」銀次郎の口からそんな言葉が漏れた。「従軍記者に
なって前線の様子を伝えたい・・・」。

 それからしばらくして、銀次郎は本多校長と向かい合っていた。
 「せっかく、高等部の二年級にまで進んできるのに」、本多はため息を
ついた。「なぜ、今、従軍記者になりたい、と言い出すのかね」。
 銀次郎は、この国難に、英和学校での勉学を活かしながら自分なりの関
わり方として、従軍記者として戦地に赴き、その様子を克明に報道するこ
とで、人々の国威高揚に役立ちたい、と熱弁を振るった。
 英和学校での日々を通して、銀次郎の江戸っ子のように一本気なところ
を、本多もよく承知していた。一度は北海道を目指すといっていた無鉄砲
が、曲がりなりにも、ここまで自分の下で研鑽を積んできたことにも、人
並みならぬ賞賛の念を抱いていたのかもしれない。

 銀次郎は言った。「英和学校での、先生から受けた教えは忘れませぬ」。
 本多は、この青年を英和学校から送り出すことを決心した。
                         (この項つづく)

  


2007年8月1日(水曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(その7)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 「勝田君、どうだかね、試験の出来は」。
 寮の同室の平太が銀次郎の顔を覗き込む。
 「どうも歴史というのは好かん。人っちゅうものは前を向いて生きる
ものだ。後ろを振返るようで・・・」、といいながら銀次郎は笑った。
 事実、こうと決めたらあとは前をむいて進むだけ、という一本気なと
ころが銀次郎にはあった。
 とは言いながら、銀次郎は落ちこぼれるのでもなく、成績は中位のと
ころを泳いでいた。実家の仕送りに頼るわけにも行かない銀次郎、学内
の小間使いや、新聞配達など課外のアルバイトで結構忙しかったはずだ
が、不得意な学科も投げたりすることは無かった。

 銀次郎の学ぶ東京英和学校は、もともとは、東京・横浜でメソジスト
系の宣教師によって創設された学校が合流してできたもので、銀次郎が
入学する数年前に、個人の寄付金で南青山の伊予西条の松平左京太夫の
屋敷跡であるこの地を購入して移ってきたのだった。このときに、やは
りメソジスト系の女学校が英和学校の隣地に移ってきていた。

 ところで、今でこそ、「こんどの結婚式、チャペルでするねん」と真
宗教徒が携帯電話で連れに触れ回って居たって、「何言っているのっ、
阿弥陀様の前で数珠の交換よっ〜!」と切れる御姐さんはまずいないと
思うが、明治20年代は、キリスト教を信心する人が、それなりの覚悟を
決めて、教会に礼拝に行き、洗礼を受け、という位、まだキリスト教に
対する世間的な見方は厳しかった。
 明治23年に発布された「教育勅語」を背景に、直接的には明治24(18
91年)の内村鑑三による「不敬事件」を発端として、キリスト教は国家
への忠節を否定し、社会秩序を乱す存在などと、キリスト教界を糾弾す
る神道、仏教者らに、本多らが反論するという、「教育と宗教の衝突」
論争が巻き起こるというご時世であった。
 東京なら英和学校や明治学院など、関西なら同志社、関西学院という
キリスト教系の学校へ進むのは、敬虔にキリスト教の信仰に触れようと
切望する者や、外国の文化・知識を身に付けて実業へ踏み出すための一
助にしてやろう、という銀次郎のようなタイプの人間だった、といって
も言い過ぎではなかった。
 
 だが、こうした時節に振り回されもせず、また、「隣のお姉さん」・・・
じゃなかった女学生に目移りすることも無く、新たな時代に漕ぎ出そうと、
銀次郎は知識の吸収に勤しむのだった。     (この項つづく)
 


34 queries. 0.044 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress