2006年 12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘建築夜話 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...

2006年12月28日(木曜日)

第一夜 花筵王の館 新家で串天に舌鼓を打つ

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 二松学舎に落ち着いた善治郎は、しばらくして、同郷で先に上京していた梅次郎の下宿を訪ねるようになった。

 梅次郎は、芝の慶応義塾で学んでいた。いうまでもなく豊前中津(大分県)出身の福澤諭吉が創設した、後の慶應義塾大学の前身であるが、この当時はまだ福澤の私塾的な英学塾だった。とはいえ、英国の経済学、政治学を説く福澤に惹かれて、多くの秀英たちが集っていた。

 梅次郎は、善治郎にことあるごとに、福澤の講義のさわりを聞かせた。そのたびに善治郎は考えていた。
 自分を勉学の世界に向けてくれたのは中国の古典思想であった。しかし、これからの時代、海外にこそ目を向けなくてはならないのではないか。
 実際、下宿から二松学舎へ通う道すがらの「江戸」の町並みの中にも、新しい「東京」のまちが立ち上がろうとしていた。聞くと、慶応では太平洋を渡って新天地・亜米利加を目指す者も居るという。
 
 そうこうするうち、善治郎の心の中には、持ち前の好奇心と負けん気がむくむく湧き上がってくるのだった。「ようし、亜米利加をこの目で確かめてやろう。同じ旗をあげるなら、狭い日本から飛び出してやろうじゃないか」。

 そうと決めたら、実行に移すのが早いのも善治郎である。
 あっさり二松学舎を辞した。
 その頃は、いわば当時は第一次英語ブームの只中にあったといってもいだろう、善治郎のような「亜米利加に渡って一旗挙げよう」組の若者を相手にする英語塾が、雨後の筍のごとく市中に出来始めていた。
 善治郎は、そんな塾の一つ、築地の工藤英語学校に潜り込んだ。
 仏教の影響が強い信州生まれの善治郎だったが、「いざ亜米利加へ」の自らの意思に従い、こんどは神田の福音教会の会員にもなった(渡航を考える当時の青年は、皆善治郎と同じような行動をとったという)。そして宣教師のハリスから彼の地の情報を覚えたての英会話で聞き出しながら、「新世界」での青写真を夢想するようになっていった。
(この項、つづく)


2006年12月21日(木曜日)

第一夜 花筵王の館 新家のカウンターにて一番搾りで喉を潤す

カテゴリー: - dr-franky @ 00時19分03秒

 明治十七(一八八四)年といえば、明治維新の激動のほとぼりも冷めて、次第に富国強兵へ日本が動き始めた時期、といえようか。
 七年前の西南の役の終結を境に、士族の不満分子による政府転覆の反乱は影を潜めた。一方で、その莫大な戦費のため乱発された不換紙幣によるインフレーションに対抗して大蔵卿・松方正義が打ち出した「松方デフレ」政策によって経済的に疲弊した農村部を中心に、折からの強権的な行政に対抗する自由民権論者と、彼らを弾圧する権力の動きとが、この頃、各地でしのぎを削っていた。
 その中で、この年の九月、爆発物で武装した急進的な茨城県の自由民権論者による政府高官襲撃計画が発覚、摘発された「加波山事件」が起きた。そして、10月、松方デフレに加えてリヨンの生糸相場暴落の影響をもろに受けた埼玉県秩父地方の貧農層と自由民権論者により結成された「秩父困民党」が借金のモラトリアムを求めて蜂起した。「秩父事件」である。特に秩父事件では、信州の佐久でも蜂起を起こしたから、こうした世情は、安茂里の善治郎にも、何らかの風聞で届いていたかもしれない。

 だが、善治郎は遠くを見つめていた。
 苦しい魚の行商の積み重ねは、善治郎の手元に少なからぬ学資として結実していた。
 今こそ、東京へ出でて、新知識を身につける時、と善治郎は心を決めた。

 善治郎から胸のうちを明かされた母は、黙って、しかし、善治郎の決心を受け入れてくれた。
 
 まだ鉄道が信州と東京を結ぶ以前の話である。東京までの長い道のりは全行程徒歩の長旅である。しかし、越後と長野の往復で鍛えた善治郎にとっては、険しくも希望に満ちた旅路であった。時に善治郎、二十一歳であった。

 東京に着いた善治郎は、麹町富士見町の二松学舎(現在の二松学舎大学の前身)の門を叩いた。
 二松学舎は、備中・倉敷出身の漢学者にして法学者の三島三州が明治十(一八七七)年に開いた学校で、文明開化の世の中にあって、東洋学をカリキュラムの中心にすえた当時としては異色の学校であった。             (この項つづく)


2006年12月14日(木曜日)

第一夜 花筵王の館 新家のカウンターで突き出しに箸をつける

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 善治郎が、更なる商材「鮮魚」を扱おうと思ったのは、単なる金儲けだけが目的ではなかった。商売で身を立てるにしても学は必要だ。草花の行商も、元はといえば勉強のための書物を読みたい、というのがきっかけであった。
 彼の父は、ごくごく平凡な百姓だった。善治郎が農閑期に学校へ通うことを認めてくれたのは、「百姓に学問なぞ不要」という考えが当然とされた時代に、昔気質の父親が見せた、息子への精一杯の理解の証だったのか。
 だが、そのの父も、少し前に五十五歳の人生を終えていた。葬式が終わり、百ヶ日・・・と時間がたつにつれて、善治郎の胸の底には新たな欲求が芽生え始めていた。
 東京へ行って、勉強してみたい。
 噂話もめったに聞かない、世界に門戸が開かれた大都市・東京。是非新しい知識を身につけて、未知の世界へ打って出てみたい。そんな野望が、善治郎の背中を押して越後を目指させていた。
 
 村を出てどれくらい歩いただろうか。越後平野に入ってしばらくすると、水平線の向うに蒼いものが見えた。「あれが『海』なのか」、初めての大海原を目にして善治郎の心は昂ぶった。
 浜で、漁師からしょい駕篭一杯の魚介類と、途中の町でご当地名物の飴も若干仕入れて、夕方には、再び長野の町を目指し善治郎は歩き出した。汗まみれになりながら、ずんずん山道を登って、森を抜けて、夜を徹して善治郎は歩き続け、夜明け近くには長野の町へ入ることが出来た。

 「さあさあ、浜から持ってきた生きの良い魚だよ」。長野の町の人々は目を見張った。なにしろ生まれてこの方、生魚など触れたことが無い人がほとんどだったから。だが、それからは大変、仕入れてきた魚も、飴もあっという間に売切れてしまった。善治郎の手元には、越後へ出発した時に手にしていた蓄えが倍以上の売り上げになって還ってきていた。今でこそ、「産直」は物流業界では当たり前だが、それを人力でやりきるところが、善治郎の真骨頂だった。

 「いざ、東京へ」、その思いを秘めて、善治郎は肉体的にはきつい魚の行商を続けていった(この項、つづく)。


2006年12月7日(木曜日)

第一夜 花筵王の館 新家で生中をオーダーする

カテゴリー: - dr-franky @ 07時00分00秒

私は、まだ「原田のジェームス邸」の正体を突き止めあぐねていた。

こうしたお屋敷の身元を調べる時に役に立つのが、慶応義塾の同窓会が母体の交詢社が出版している「日本紳士録」である。
 小金持ちが「いあやぁ紳士録に載っちゃってね」と自慢する、お金をそれなりに積めば載せてもらえると風のうわさに聞く「紳士録」だが、「日本紳士録」は明治30年に初版が出版されている。いわば「紳士録の中の紳士録」である。
 そのバックナンバーは、神戸では大倉山の図書館に行くと、レファレンスで手続きすれば大正中期以降について、書庫から出して閲覧させてもらえるし、物によっては貸し出しにも応じてくれる。しかし、北は北海道から南は九州まで数万人のオーダーで人名、職業、住所などのデータをB5版の紙面に押しこんでいるので、広辞苑よりも分厚いボリュームと重さがあるので、一冊でも借り出すのは億劫で、たいていは館内閲覧とコピーでごまかしてしまうことが多い。
 この時代の紳士録は、若林、若井などの土着系、三田からやってきた九鬼の殿様や小寺といったベテラン明治維新新住民系、勝田、内田、山下など日露戦争以降成金系のセレブはもちろんだが、なんと町の産婆さんまで載っている。掲載基準が納税額によっていたから、読み込むと今の「日本紳士録」にはない面白味が発見できるのだ。
 話が長くなったが、この日本紳士録の昭和10年代の発行分を調べていても、このジェームス邸のある界隈の住所に住んでいそうな人物に行き当たらなかった。
 
(だが、ここで、建築探偵暦がまだ浅かった私に、重大な見落としがあった。だが、そのことが判明するのはこのときから干支が一回りするだけの時間の経過が必要だった。)
 
 ますます、私の心の中で「原田のジェームス邸」の影は大きくなっていったのだった。


32 queries. 0.051 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress