2008年 3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2008年3月9日(日曜日)

底抜け!痛快!!船成金の館(34)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時44分26秒

 米騒動が起こっても、大方の世間の見方は、「大戦、終結近し」であった。
 しかし、金子直吉は、本店焼き討ちの際の自分への懸賞金など「ヘッチャラ」
とどこぞの「孫ゴクウ」ばりに、相も変わらずの大風呂敷を広げていた。
 それに影響を受けていたのか、我らが銀次郎、大阪鉄工所に、「おい、まだ
まだ船が必要だ」と、新造船4隻を発注した。
 「さすがは勝田はん、やることがちゃうわい」などと、世間ははやし立て
ていたが、裏では「何を考えてるのや」、というのが、一致した見方だった。
 船価は、天井値に張り付いたまま。しかし、もう上がる要素はない。

 内田信也が心配顔で、「勝田さん、何を考えてはりますのや」と居留地の事
務所へやってきた。
 「いや何、金子さんや松方さんの話では、まだまだ欧州方面は手堅いみたい
だから・・・。それに、まだまだ日本の海運界は、船が足らんよ」と、勝田は
持論をぶった。
 抜け目のない船主達は、既に持ち船の整理に取り掛かっていた。ほかならぬ
内田自身も、である。その中での、勝田の新造船発注は、際立っていた。今流
に言えば「KY」呼ばわりされていてもおかしくない情勢である。

 そして 月、案の定、欧州は停戦協議に入った。

 今度は山下亀三郎が、大阪鉄工所に「今だったら、勝田の言い値の七掛けでも
お宅にとってはいい話じゃないか」と、暗に値引きの働きかけを始めた。
 それをどこで知ったのか、銀次郎は「男は一旦した約束は守るものだ。当初の
契約どおり、ことを進めて欲しい」と大阪鉄工所に伝えたのだ。
 これには、旧知の友も、二の句を継ぐことは出来なかった。

 大正7年11月、銀次郎が情熱を傾けた東京・青山学院の「勝田館」が、その
全容を現した。
 その頃には、停戦協議は成立して、欧州に久方ぶりの和平が訪れていた。
                           (この項、つづく)
勝田館落成(大正7年11月)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/69

  1. 杉山清貴 オメガトライブ おすすめ
    ? - ? : 2008? 03

    Trackback by ブルガリアヨーグルト ギリシャ — 2019年4月2日(火曜日) @ 08時26分41秒

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

31 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress