2010年 6月
« 3月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘建築夜話 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...

2010年6月28日(月曜日)

底抜け!痛快!!船成金の館(72)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時01分16秒

少し早い桜の開花のころから、気付いたら梅雨の終わりごろに
差し掛かっていた。先を急ぎたい。

昭和5年(1930)2月20日、普通選挙となって2回目となる第
17回衆議院選挙で、銀次郎は神戸選挙区で野党・政友会から
立候補し、トップ当選を果たした。
 神戸の海運界が一致団結した末の勝利であった。「それは
清い立派な選挙戦だった」と勝田を担ぎ出した中井一夫は胸
を張る。だが、与党・民政党に与する官憲は、選挙違反が
あったとして、勝田陣営の選挙参謀格である佐藤國一と松本
博邑の逮捕状を請求したのだった。

 松本は、半年もの間、各地を潜伏して勝田の当選が確定した
のちに警察に出頭した。兵庫警察署に収監された佐藤に、番頭
格の大原尚三が算盤片手に接見の許可を求め、鉄格子越しに大
陸からの石炭運搬便の契約の裁決を仰ぐ、という苦心をしなが
ら、社長逮捕という異常事態の中で佐藤汽船の存続を賭けた交
渉を重ねるという逸話もあったが、詳しくは触れない。
 ともかく、松本や佐藤らの身を賭した闘いもあって、銀次郎
は当選を確かなものとしたのだった。

 当時は、例えば、神戸市参与会(=市会)議員と兼務する形
で衆議院議員を務めることが制度上できた。銀次郎は市会議長
という重責を担いながら衆議院議員に就任するという道を選択
した。
 その前年、銀次郎は国際連盟神戸支部長に選任。また6月には
神戸に行幸した天皇陛下に拝謁を許され栄誉にも浴した。ます
ます公務にいそしむことになる銀次郎であった。
                   (この項、つづく)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/107

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress