2008年 6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2008年6月21日(土曜日)

底抜け!痛快!!船成金の館(47)

カテゴリー: - dr-franky @ 23時10分09秒

 桐の間の東隣は、芳夫人のための「菊の間」である。
 桐の間と同じように、菊の間も「菊づくし」な空間が展開する。
 まず、襖絵は、当然である。で、欄間も。
 襖(菊の間)

 芳夫人は、いたく菊がお気に入りなのだろうか。銀次郎は菊で妻の居室を彩ったのだった。
 床の間も、例外ではない。釘隠も、引き戸も。正直、やや装飾過剰とも感じられる豪華さが、銀次郎の住まいの「成金趣味」なところなのかも知れない。
 
欄間と襖((菊の間)

 床の間

 ここまで来るとお手洗いを借りたくなるのが人情である。
 菊の間の向うに雪隠があるが、その洗面台には焼き物で、シンクは銅製。
 ここまで凝った手洗い場というのも、そうそうないと思う。

 普通なら、ここまででも十分な規模だが、なんと階段があって二階もあるのだという。青谷御殿の探険は留まるところを知らないがごとく、続くのであった。(この項つづく)

洗面台(1階便所)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/82

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.263 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress