2008年 3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2008年3月1日(土曜日)

底抜け!痛快!!船成金の館(33)

カテゴリー: - dr-franky @ 14時14分51秒

 ところで、欧州の戦争が始まってからというもの、日本国内は猛烈なインフレーションに
襲われていた。
 特に主食の米は、大正六年後半から供給不足の傾向に、ブローカーや富商の買占めが
拍車をかける形となり、暴騰傾向が続いた。
 翌七年七月、富山県魚津の沖仲仕でもある漁村の女達が、県外へ米を移送する汽船へ
の荷揚げを阻止する動きに出た。これが後年「米騒動」と言われるようになる一連の騒擾の
端緒となった事件であった。魚津での動きは、八月三日には同県西水橋町で、米屋や質屋
等への襲撃、いわゆる「越中女一揆」と言う形で波及し、瞬く間に全国に連鎖していった。

 そして、ここ神戸でも・・・。
 八月十二日、暑い夜だった。銀次郎は、新生田川に程近い、生田町の屋敷で休んでいた。
家の縁でステテコ姿で涼んでいた銀次郎は、俄に市中に鳴り響く半鐘で、ふと我に返った。
 「火事か・・・」。
 しばらくして、表戸をどんどん叩く物音がした。
 爺やが飛んできて、「御主人様、会社の松尾様がお見えです。至急お伝えしたいことが
あるそうです」。
「構わんからここへ通してくれ」。

 若手社員の松尾が庭へ通された。「松尾君、何か急な事態でも起こったのか」
 「社長、東川崎町の鈴木商店が暴徒に襲われました」。「えっ・・・」
 「近所の神戸新聞社も火を放たれたようです」。
 「会社の方は大丈夫か」「今のところは。残っている社員でこれから寝ずの番を
 します。社長は、御自宅の戸締りをしっかり固めてください。幾つかのお家に
 も暴徒が押しかけているようです」。「わしも直ぐ行く」。
 松尾を送り出してから、芳夫人が不安げな表情を見せた。
 「おそろしおすなぁ」「芳、案ずるな、先に休みなさい」。
 銀次郎は、目立たない身なりで家を出て、神戸駅の方角を目指した。
 道中、小さな米屋や質屋が打ち壊しに遭った現場に行き当たった。別の米屋の
店先では、職工のような身なりの男たちが徒党を組んで、米を差し出すように主
人に迫っているのが見えた。
 中山手通近くの湯浅竹之助の洋館造の屋敷の前にも人だかりが出来ていた。

 鈴木商店が陣取っていた旧のミカドホテルの建物は、無残にも焼け落ち、余燼が
ぶすぶすと音を立てて燻っていた。
 元町通を東へ進んだ。途中、四丁目の相生橋警察署の分署の前を通ると、建具は
壊され、折れ曲がったサーベルが転がっていた。「警察もあてにできないのか・・・」
銀次郎は無力感と、焦燥感が入り混じった心持で、旧居留地の事務所に着いた。

 「皆、ご苦労さんやった」。「酷いもんです。兵神館もやられたようです。何でも金子
さんの首に壱〇万円の懸賞金が掛かっている、という物騒なデマも流れています。」
 
 「これは、もう軍隊しか事態の収拾はおぼつかんぞ」銀次郎は、山下亀三郎の事務
所へ電話した。
 「勝田君、鈴木のご家中、金子はんは無事や」。開口一番、山下は銀次郎に最悪の
事態が避けられたことを伝えた。「もう後は、姫路の師団しか打つ手はないですな」。
「それは、わしも同感だ。しかし、知事が煮えきらんのや。もう少し押してみないと」
 結局、清野知事が姫路師団に出動を要請したのは、翌十三日の午前5時のこと
だった。                        (この項、つづく)
 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/68

  1. 価格ドットコム 時計 iwc レディース
    ? - ? : 2008? 03

    Trackback by ゼニス キャプテン 価格 — 2019年4月21日(日曜日) @ 05時07分16秒

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

31 queries. 0.033 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress