2007年 4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年4月19日(木曜日)

第一夜 「バスストップ」に涙する

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 正金銀行の支援もあって、善治郎の会社は花筵の世界各地への
輸出を継続できた。
 善治郎は、明治43(1910)年から、神戸花筵同業組合の組合長、
神戸輸出協会の副会長という要職を、多忙な本業の合間を縫って
務めていた。
 長男の英太は、京都帝大を了えて、善治郎の右腕として、会社
を切り盛りするまでになっていた。
 年号が昭和へ変わった年、故郷・長野から元代議士の令嬢・婦
美子を英太は妻に迎えた。
 翌年には、初孫・善一郎が誕生した。

 しかし自ら乗り出し販路を開く、という善治郎のビジネススタ
イルは六十歳を超えても変わることはなかった。気付いてみると、
善治郎の査証は、多くの亜米利加の入国管理局の許可印で埋め尽
くされているという按配だった。
    
 母のすめは明治35(1902)年に七十五歳の生涯を全うし、兄の
善太郎も数年前、大正12(1923)年に七十歳で亡くなっていた。
「故郷へ一度は帰り墓参りをしなくてはならないな」。善治郎は
考えていた。
 
 日本の経済は、決して順調ではなかった。いや好材料はないに
等しかった。大蔵大臣の失言に端を発した中小銀行の取り付け騒
ぎに端を発し、第一次世界大戦後の反動を逆に拡大路線で乗り切
ろうとしていた神戸の総合商社・鈴木商店も、唯一の取引銀行に
して事実上のメインバンク・台湾銀行からの融資の停止で、グル
ープ全体が解体の危機に瀕するなど、恐慌の影が徐々に忍び寄る、
そんな時代であった。           (この項続く)
 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/26

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.041 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress