2007年 8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年8月11日(土曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(その8)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時40分21秒

 明治27(1894)年7月25日の豊島沖海戦を直接の契機に、8月1日に
日本国政府は清国政府に戦線を布告、後に日清戦争と呼ばれるようになる
戦争が始まった。
 このとき、日本国政府の開戦の判断に賛同した中に、ほかならぬ本多
庸一がいた。
 本多は、清国との戦争は義である、として軍隊への協力などを惜しま
なかった、と伝えられている。そうした本多の行動の背景として、先年
来のキリスト教=反国家という攻撃への、いわば対抗策をとろうとした
のだ、ということが言われている。
 ともかくも、国家的な難局に遭っての学校長・本多の取った行動に、
学生達の間でも、なにかに関わらなければ、という若さゆえの義侠心に突
き動かされる者も少なくなかったという。
 そうした中に、ほかならぬ銀次郎の姿もあった。

 英和学校の食堂では、昼食時になると誰かが新聞を仕入れてきて食卓の
上に広げては、議論の輪が出来ていた。
 新聞は、平壌の陸戦の様子を生々しく伝えていた。
 「もし君なら、戦地にどんな立場で赴くかね」、と隣の組の儀助が質問
を皆に投げかけた。
 「従軍記者・・・」銀次郎の口からそんな言葉が漏れた。「従軍記者に
なって前線の様子を伝えたい・・・」。

 それからしばらくして、銀次郎は本多校長と向かい合っていた。
 「せっかく、高等部の二年級にまで進んできるのに」、本多はため息を
ついた。「なぜ、今、従軍記者になりたい、と言い出すのかね」。
 銀次郎は、この国難に、英和学校での勉学を活かしながら自分なりの関
わり方として、従軍記者として戦地に赴き、その様子を克明に報道するこ
とで、人々の国威高揚に役立ちたい、と熱弁を振るった。
 英和学校での日々を通して、銀次郎の江戸っ子のように一本気なところ
を、本多もよく承知していた。一度は北海道を目指すといっていた無鉄砲
が、曲がりなりにも、ここまで自分の下で研鑽を積んできたことにも、人
並みならぬ賞賛の念を抱いていたのかもしれない。

 銀次郎は言った。「英和学校での、先生から受けた教えは忘れませぬ」。
 本多は、この青年を英和学校から送り出すことを決心した。
                         (この項つづく)

  


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/43

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress