2007年 8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年8月30日(木曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(11)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 その後、銀次郎がどのような道をたどったのか。

 明治期を中心に、近代の実業家というのは、幾つかの
例外を除いては、修行時代は経歴が詳らかではないこと
が多い。伝記でも、適当にごまかして書いてしまう、い
わば伝説時代といったところか。

 はっきりしているのは、東京英和学校を中退してから
約二年の空白の後、明治30年ごろに大阪中之島の貿易会
社・吉田商会に身を寄せた、ということだ。
 しかし、この会社はほどなく閉店となってしまった。
やむを得ず、銀次郎が次に目指したのは、神戸だった。

 日清戦争後の神戸は、鈴木岩次郎の急逝を受けて、
金子直吉と柳田富士松という二人の番頭により、鈴木商
店が洋糖や樟脳の商いを通じて徐々に頭角を現し、大阪
出身の兼松房次郎が、栄町通に兼松商会を興し、日濠貿
易に乗り出そうとしていた、そんな時代だった。

 今の中突堤のあたりに立てば、川崎尻では元勲松方正
義の長男・幸次郎を後継の経営者として迎え入れた、薩
摩出身の川崎正蔵が、払い下げを受けた元兵庫造船所の
拡張の青写真を描いていた。

 来るべき時代を見据えた地脈が、町のそこかしこで脈
を打ち始めている、そんな空気がみなぎっていた神戸に
銀次郎は降り立った。
      
 足立という、やはり輸出入を取り扱う商店に入店した
銀次郎は、雑用にきりきり舞いになりながらも、次に目
指すべき道を少しずつ探し始めていた。
                (この項、つづく)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/46

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress