2007年 8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年8月26日(日曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(その10)

カテゴリー: - dr-franky @ 08時20分00秒

 山下は、 やや表情を曇らせて、
「だがな、あいにく、ウチはついこの間、暖簾を上げたばかりで、
なかなか人を抱えて、という余裕はないんだ」。と事情を伝えた。

 「なあ銀次郎さんとやら、横浜は開港場だが、主だったところ
は毛唐が先取りして、こっちはおこぼれに預かるのもやっとの状
態だ。それよりも、大阪や神戸を目指したほうが賢明かも知れん
な」。

 「大阪・・・ですか」。銀次郎の表情は沈んだ。せっかく新天
地を求めて東上したにもかかわらず、西へ戻るというのは、銀次
郎といえども、踏ん切りがつかないところだった。
 銀次郎の当惑を見透かすように、山下は続けた。

 「大阪と神戸にも居留地がある。だが、帝の許しがなかなか出
なかったこともあって、開港が遅れた。大阪はそこへ来て、洋船
が天保山あたりまでしか入らない。だから外国人は、古からの良
港である神戸へ移って行っているらしい。」
 「毛唐にあごで使われるよりも、大阪の日本人の店に入ったほ
うが修行には向いているぞ。悪いことは言わんから、大阪へ行っ
てみな」。

 銀次郎は、「そこまで言われるなら、大阪へ行きます」と告げ
た。「銀次郎さんよ、もうおそらく会うことも無いだろうが、大
阪で名を挙げる日が来ることを、祈って居るよ」。山下は笑った。
 
だが、後年、互いに「戦友」とでもいうべき間柄となるまでに
至ることを、山下も、銀次郎も、このとき知る由も無かった。
                    (この項つづく)    


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/45

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.031 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress