ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
2008年 6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿
2013年3月4日(月曜日)
其の215 阪急六甲開かずの扉の巻
2013年2月23日(土曜日)
其の214 灘のヒクバシの巻
2013年2月14日(木曜日)
其の213 丸山莫高窟の巻
2013年1月30日(水曜日)
其の212 iPS細胞で摩耶の大杉を再生の巻
2013年1月17日(木曜日)
其の211 摩耶ケーブル解体の巻
灘道中膝栗毛 月別過去ログ
灘道中膝栗毛 カテゴリ一覧
灘道中膝栗毛 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 灘道中膝栗毛 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...

2008年6月29日(日曜日)

其の77 国玉通ステンドグラスハウスの巻

カテゴリー: - naddist @ 10時00分08秒

国玉通ステンドグラス風ハウス

ナダ「こんにちは渡辺篤史です。第2回目の『灘建モノ探訪』は国玉通からお送りいたします」
タマ「またナベアツでたよ」
ナダ「いやいや〜いいですねぇ、さんさんと光が降り注ぐ2階のテラス!」
タマ「テラスじゃなくて縁側でしょう、どうみても」
ナダ「そしてヨーロッパの教会を思わせるステンドグラス」
タマ「それ、ステンドグラス風シールです」
ナダ「いやぁ〜さまざまな木の格子のリズミカルな組み合わせはまるで材木の
   パッチワークや〜」
タマ「彦麻呂になってるよ」
ナダ「ではご主人にお話を伺いましょう、ご主人、このおうちで一番こだわったところは?
   (主人)…そうですね〜やっぱり…」
タマ「一人二役かよ」
ナダ「やっぱり…2階のステンドグラス…ですかね」
タマ「だからシールでしょう、それ」
ナダ「(主人)最初、ステンドグラスが窓枠に収まらなかったんですよ。
タマ「そんなもんシールなんだから、重ねて貼ればいいだろうが!」
ナダ「(主人)そう、職人さんに無理を言って真ん中を重ねてはったんですよ」
タマ「そんなこと職人に頼むな」
ナダ「(篤史)ほほぉ〜まさに匠の技が生きたわけですねぇ、こりゃ驚いた!」
タマ「だからシールだろうが!驚かねーっつーの」
ナダ「いやぁ〜まさにヨーロッパの美と日本の匠が融合した、灘山の手らしいハイカラな家…
   こう言えるんじゃないでしょうか。いいお宅でした。ではまた来週」
タマ「2週連続はやめてください」

※文中の(主人)は実際にお住まいになっている方とは全く関係ありません。


2008年6月19日(木曜日)

其の76 商店街に泉湧くの巻

カテゴリー: - naddist @ 20時00分00秒

タマ「ドブなんか見つめちゃって、ボウフラでもわいてるんですか?」
ナダ「バカだねえ、ドブの水を『汚い』って思う固定観念が街を見えなくしてるんだよ。
   よく見てみ、きれいな水がこんこんと湧いてるだろ」
タマ「うわ、ほんとだ」
ナダ「この水をなんと心得る。灘中央筋にあった、かの中央温泉の天然水であらせられるぞ。
   頭がたか〜い!」
タマ「あの高田屋旭店の隣にあった名湯の天然水っすか!ははぁっー!」
ナダ「銭湯はなくなってもだな、こうやって水は生きてるのよ」
タマ「町内の防火用水に使われてるのか!」
ナダ「このあたりの植木の水やりにもつかわれてるんだぜ」
タマ「知る人ぞ知る街中の泉なんだ!」
ナダ「かつては水道筋界隈の人々をイキイキとさせた水が、
   今はまわりの緑をイキイキさせてるのさ」
タマ「たまにはいいこと言いますね。でも本当にきれいな水だなあ」
ナダ「六甲山系の地下水、いわば『六甲のおいしい水(500ml入)』と同じだからな」
タマ「いくらなんでも飲めないでしょう」
ナダ「きっと『西区井吹台東町の普通の水(2l入)』よりカルシウムは多いぜ、この水。
   ゴクゴクゴク…」
タマ「飲むな〜っ!」

※飲まないでください。


2008年6月12日(木曜日)

其の75 愛しの灘フォントの巻

カテゴリー: - nada @ 19時00分28秒

クラブミレーゴシック

ナダ「毎度ナダタマをごひいきに誠にありがとうございます」
タマ「気持ち悪いな、急にあらたまって」
ナダ「もうすぐナダタマ開設以来の総アクセス数が30万を超えます」
タマ「ありがたいことです」
ナダ「そこで30万アクセスを記念して『灘バカ一題』の新コレクションを」
タマ「こんどは何やるんですか」
ナダ「題して『愛しの灘フォント』。これホント」
タマ「別に韻を踏まなくてもいいんですけど。
   フォントって書体のことですかね」
ナダ「そう。灘に存在するめくるめく街フォントの、パソコンフォント
   にはない豊かさをだな。味わっていただきたいと」
タマ「またコアな企画」
ナダ「フリーペーパー『naddism』時代から構想10年」
タマ「寝かせ過ぎ」
ナダ「出版系灘クミン必見」
タマ「ターゲットがニッチすぎ」
ナダ「もう今はない名フォントも織り交ぜつつ」
タマ「例えば?」
ナダ「『クラブミレーゴシック』略称ミレゴとか」
タマ「そんな略称、わかるヤツはいない」
ナダ「高級感あふれるオトナのオンナを演出するミレゴは、暑中見舞いの見出しにもぴったり」
タマ「暑中見舞いにはクドすぎると思う」
ナダ「今なら1文字20万円」
タマ「書体までミレー価格かっ!」

※灘バカ一題の新コレクション「灘フォント」は以下のページで2〜3日に1つくらいのペースで
 アップしていきます。
 →「灘フォント」(灘バカ一題)


2008年6月5日(木曜日)

其の74 原田通のギザハウスの巻

カテゴリー: - naddist @ 19時00分33秒

ナダ「こんにちは渡辺篤史です。今日の『灘建モノ探訪』は原田通からお送りいたします」
タマ「わけわかんない新シリーズつくらないでくださいよ。しかも渡辺篤史に似てない」
ナダ「いやいや〜いいですねぇ、この建モノのギザギザな形状!」
タマ「始まっちゃったよ」
ナダ「灘の空に突き刺さるような…ゴシック様式の教会を思わせるギザギザのスカイライン。
   いやぁ〜ステキですね〜」
タマ「全然ゴシック様式に見えないし」
ナダ「ほほぉ〜このギザギザを通して、室内に明るい光が入ってくるわけですねぇ」
タマ「いや、全部ブラインド閉めてるし」
ナダ「ご主人、やはりこのギザギザにはこだわりがあるんでしょう、ね?」
タマ「どこにご主人なんているのよ」
ナダ「ご主人は、幼い頃から苦労されて15才でドロップアウトされたそうですが、
   このギザギザはそんなご主人の壊れやすいハートの形を表現されたとか」
タマ「なんか聞いたことあるような経歴だな」
ナダ「ほほぉ〜、さわるものはみんな傷つけそうな、このギザギザのエッジ!
   いやぁ〜、すばらしい!」
タマ「やっぱ、チェッカーズの歌じゃん」
ナダ「いやぁ〜、これはかわいいワンちゃんだ!おいでおいで!
   いいな〜キミはこんなギザギザの家に住めて〜ねえ?奥さん!」
タマ「犬も奥さんもいないんですけど」
ナダ「いやぁ、さすがギザギザの家に住んでいるだけ奥さんだけあって、ギザカワユス!」
タマ「渡辺篤史はそんなギャグ言わない」
ナダ「しかしこの建物って、一体何階建てなんでしょうねえ、ちょっと数えてみましょうか。
   1階…2階…シャァンか〜ぁい!」
タマ「それは違うナベアツだって」


34 queries. 0.110 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress