ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
2008年 10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿
2013年3月4日(月曜日)
其の215 阪急六甲開かずの扉の巻
2013年2月23日(土曜日)
其の214 灘のヒクバシの巻
2013年2月14日(木曜日)
其の213 丸山莫高窟の巻
2013年1月30日(水曜日)
其の212 iPS細胞で摩耶の大杉を再生の巻
2013年1月17日(木曜日)
其の211 摩耶ケーブル解体の巻
灘道中膝栗毛 月別過去ログ
灘道中膝栗毛 カテゴリ一覧
灘道中膝栗毛 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘道中膝栗毛 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...

2008年10月15日(水曜日)

其の87 においおこせよもくせい花の巻

カテゴリー: - naddist @ 07時20分51秒

タマ「なんかトイレのニオイがするな」
ナダ「無粋だねえ、キンモクセイのニオイだろ」
タマ「ホントだ、ホンモノだ」
ナダ「秋だよな。花もいいけど、木の横の張り紙見てみな」
タマ「歌が書いてある」
ナダ「こち ふかば におい おこせよ もくせい花 主なしとて 秋を忘るな」
タマ「…なんか聞いたことある歌だな」
ナダ「街角に歌がそえられているなんて、やっぱ灘区の万葉DNAは健在だろ」
タマ「敏馬の浦からの歴史を感じます」
ナダ「マジックの色使いもいい感じ、緑色のルビなんてキュンときちゃうね」
タマ「そこに注目するかな」
ナダ「無造作なテープの貼り方もステキ」
タマ「もうちょっときれいに貼ればいいのにね」
ナダ「ったくわかってないねぇ。このチープさが灘の良さなんだよ。
   きっとミカゲあたりだったら木の板みたいなのに墨書しちゃうぜ」
タマ「あ〜それいかにもでヤだな」
ナダ「だろ?文化の香りとチープさ、このギャップにクラクラきちゃうんだよな」
タマ「そんなもんですかね」
ナダ「例えばノーベル賞もらった日本の4人が、実はフォーリーブスだったって感じかな」
タマ「ギャップあり過ぎでしょう」
ナダ「じゃ、ずうとるびだったって感じかな」
タマ「山田クン、ナダさんの座布団全部とって!」

(倉石通3)


2008年10月8日(水曜日)

其の86 敏馬の浦ではっぱふみふみの巻

カテゴリー: - naddist @ 22時00分17秒

ナダ「ああ!岩屋の、みるめ温泉が!」
タマ「あららら、また建売り住宅か〜、もういらないよ建売り」
ナダ「まったく悲しくてやりきれないねえ」
タマ「高羽温泉に続き街の名湯がまた一つ消えるのか」
ナダ「あ〜あ、ここは灘区が誇る『万葉の湯』だぜ」
タマ「確かに万葉集にも登場する敏馬の地にありますがね」
ナダ「日本に現存する最古の湯なのに」
タマ「それは絶対に違う」
ナダ「敏馬の浦を詠んだ柿本人麻呂が女湯のぞいててよく番台の親父に怒られたらしい」
タマ「なにしてるんだよ人麻呂」
ナダ「ここはお湯の玉手箱や〜」
タマ「それは彦麻呂だろうが」
ナダ「で、女湯のぞいたら小野小町がいてさ」
タマ「絶対いない」
ナダ「効能とか説明してたらしいよ」
タマ「小野小町は11PMのうさぎちゃんか」
ナダ「で、もう一人のうさぎちゃんは小野妹子」
タマ「小野妹子は男です」
ナダ「それを見た柿本人麻呂が詠んだのがかの有名な歌だ。
  『玉藻刈る 敏馬を過ぎて 夏草の 野島の崎に はっぱふみふみ』(注)わかるね?」
タマ「オチが古すぎてわかんない」


在りし日のみるめ温泉(2002年撮影)

注:『玉藻刈る 敏馬を過ぎて 夏草の 野島の崎に 舟近づきぬ』(柿本人麻呂 万葉集より)


30 queries. 0.046 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress