2008年 5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2008年5月31日(土曜日)

底抜け!痛快!!船成金の館(45)

カテゴリー: - dr-franky @ 02時11分27秒

 年が明けて大正10(1921)年5月。
 銀次郎に、大きな変化が起こった。
 なんと第14代神戸市会の議長に選出されたのである。
 本業の海運は相変わらずの不景気だが、政治家としての銀次郎の
活動はますますその比重を増すことになった。
 そして、翌6月。ついに待ちに待った青谷の新邸がひとまず竣工
の運びとなった。

 全体計画からすれば、まだ第二期の段階ではあるが、銀次郎と家
族の住まいの形として一応の完成を見たので、議長就任とあわせて
お披露目をしようと、銀次郎は決めたのであった。

新緑が梅雨で鮮やかに浮かび上がった観音寺山の麓、春日野から
の坂道を歩いてきた人々は、山麓の道に立ち上がった御影石の擁壁
にまず目を見張った。
 
 やがて築地塀がつづく道へ出た。緩やかな上り坂をしばらく行く
と、前方に花崗岩を積んだ小屋が見えてきた。大きな木製の扉があ
った。
 「これはどうも馬なし車の小屋みたいやぞ」誰とは無く言葉が漏
れた。まだまだ人力車が一般的で、自動車を保有する者が少なかっ
た1920年代初頭、自動車用ガレージを自宅に作った御仁はそう
そう少なかったのだ。

 砂利敷の広場に出た。
 玄関には破風の屋根が掛けられ、ガラスをはめ込んだ格子戸の扉
が出迎えている。
 和風建築のように見えて、ガラスの大きな引き戸が迎える、とい
うのは、この時代の人々にとってはある意味「ハイカラ」な趣味に
写ったらしい。

 そうこうしているうちに、引き戸ががらっと開いて、羽織袴姿の
銀次郎が「よう来られた。さあ上がったあがった」と手招きする。

 それはちょっとした探険の始まりであった。(この項つづく)

 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/80

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress