2008年 4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2008年4月19日(土曜日)

底抜け!痛快!!船成金の館(40)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時11分41秒

 材木は・・・、詳しい話は伝わっていないが、恐らくは平太郎監督
の繋がりで、彼の郷里・吉野から運ばれた材が用いられたのであろう。
同じ武田先生の手になる煙草王・村井吉兵衛の東京・山王台の邸宅は、
台湾檜を用いたなどという伝承が残っているのに比べれば、地味なと
ころではある。
しかし、銀次郎の意を汲んで、杉、檜の良材が金に糸目をつけずに
集められたことは想像に難しくない。

 敷地の整地はプランが決まった段階で先行して始まっていた。その
費用−十三万七千円−は、銀次郎の会社の東京支店ビルの建設費用が
ゆうに賄えるものであった。金田組は何時にも増して慎重に丁寧に工
事を進めた。
 工事が本格化するにつれて、人々の噂に、銀次郎の新邸の話題がの
ぼる様になってきた。
 「新造船の次は、千畳敷の御殿だそうな」「内田といい山下といい
豪勢な普請だったから、勝田も通り一遍のものを建てる訳にはいくま
いなぁ」。「それにしても、よっぽど戦争中の景気でしっかり貯め込
んでいたのだろうな」
 その頃、神戸港の沖合いには、ぼちぼち出港のあてのない商船が艀
に係留されて船腹を晒す光景が広がりつつあった・・・。

 大正8年8月21日。銀次郎は芳夫人や親戚の者たちとともに、青
谷の新邸建築の現場に在った。そう、今日は上棟式なのだ。
 木の香りが満ちた新邸の一角で、銀次郎たちは恭しく頭を垂れた。
 金田組の当主・辰之助や先代の兼吉、大工肝煎の常吉をはじめ、大
勢の職人達も立ち会った。
 上棟式での銀次郎と一族

                     (この項つづく)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/75

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress