2008年 4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2008年4月12日(土曜日)

底抜け!痛快!!船成金の館(39)

カテゴリー: - dr-franky @ 21時54分55秒

 海運業の行く手には暗雲が立ち込めていたが、「男は一旦した約束は守るもの」
という銀次郎の美学から、青谷の新邸の計画は予定通り進められた。

 銀次郎と平太郎は膝詰めで図面を挟んで、議論を重ねた。
 神戸には、県庁の北側に小寺泰次郎・謙吉父子が築き上げた屋敷があった。高い
塀で囲われた内部には回遊式の庭園を見渡せるよう、入母屋造の二階建ての館が敷
地の中で一番高い場所に建てられていた。

 布引の川崎邸には、先代の正蔵が、蒐集した美術品を飾る美術館「長春閣」を建
て、明石郡の寺から仏塔を移築していた。正蔵の後継者・芳太郎は、正蔵の建てた
屋敷に加えて、辰野先生の弟子・山田醇に委ねて殿舎式の和館を敷地内に新築して
いた。

 銀次郎としては、そうした先行する和館とは一味違った雰囲気のある建物に仕上
げたいと言う欲望があった。
 そうした意向を受けて、平太郎は、数奇屋を基本に置きつつも、武田先生直伝の
今様の欧州の「セセシオン」のセンスもまぶしながら、図面を描きおこしていった。
それは、建具、床の間の意匠から室内の敷物や風呂場のタイルにまで及んだ・・・。
 議論は、敷地の整地にも及んだ。秋の紅葉の時期には、客殿から、その有様を借
景に眺められるように、とか、大阪湾が見渡せるよう、庭は従前の地形を生かして
なだらかな斜面に作る・・・。
 
 銀次郎、平太郎、お互いにとって最善の図面が出来上がった。
 新邸の新築工事は大正8年の春に始まった。
 平太郎は、勝田汽船の嘱託という形をとって、神戸に腰をすえて銀次郎の新邸の
実施設計と現場監理の仕事に携わることとなった。  (この項つづく) 

 
  
 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/74

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress