2007年 12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年12月16日(日曜日)

底抜け!痛快!!船成金の館(24)

カテゴリー: - dr-franky @ 16時13分00秒

 銀次郎は、最初は持ち船よりもチャーター便の手配で利鞘を稼いでいた。
 いや、どちらかといえば、儲けてやろう的発想よりも、むしろ取引先の
頼みを要望に応える内に、儲けが溜まっていくという風だったかもしれな
い。それだけ、船を動かすたびに、莫大な利益が転がり込んだのだった。
 30年ほど前の神戸新聞の連載記事「海鳴り止まず」の記述を借りると、
「仮に、チャーターした船が不幸にも枢軸国側に撃沈されたとしても、乗
組員の葬式代、遺族への見舞金など支払っても、利益は充分に出た」のだ
そうである。乾新兵衛など、万が一の時の保険も掛けていない、という話
が伝わる(もっとも、この時代、英吉利の海運会社であっても船舶は無保
険だったという)。やらずぼったくりの保険屋に払う金はない、というい
かにも「金貸し新兵衛」らしい話ではある。一部の船主など、船齢ン十年
のボロ船をかき集めて、濡れ手に粟状態だった手合いもあった、という。
 こんな状態だったから、国内の船不足は深刻で、機関を外されて運河で
物置に身をやつしていた船殻まで、再艤装を施され引っ張り出される始末。
 
 そんな状況を、銀次郎は別の視線で見ていた。
「まだまだ我が国の海運業界は基盤が脆弱だ。優れた船は幾らあっても足り
ない位だ。」
 勝田商会は、大正4年には海福丸、永代丸、興安丸の貨物船3隻を買い入
れると共に、別に3隻の貨物船の建造の発注に踏み切った。

 神戸の商社・鈴木商店は、三井・三菱の大手に向うを張って、倫敦にも支
店を出していた。その頃には栄町通3丁目から、相生町の元ミカドホテルの
建物に移っていた鈴木商店には、毎朝、欧州を始めとして全世界からの暗号
電報が届けられ、番頭の金子直吉はそれらにすべて目を通し、頭脳をフル回
転させて次なる一手を打っていた。
 その金子が、「勝田はん、ウチの高畑が遣してくる報告では、まだまだ戦
争は長引きそうでっせ」という。

 欧州戦線は、当初の予想とは違って長期戦の様相を呈し始めていた。
                          (この項つづく)
     


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/59

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.028 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress