2007年 11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年11月3日(土曜日)

底抜け!痛快!!船成金の館(19)

カテゴリー: - dr-franky @ 23時39分30秒

 日露戦争後の反動不景気は長く日本の経済に影を落としていた。
しかし、徐々に神戸の経済も立ち直りの兆しを見せ始めていた。
 銀次郎の店の周囲でも、たとえば栄町通3丁目には、横浜正金銀行神戸支店が、
伊太利亜復興式で明治27年に完成したのを皮切りに、19世紀最後の年、明治33
(1900)年、神戸郵便局のはす向かいに三菱が銀行の支店を石造で竣工させた。
 明治41(1908)年には、栄町通4丁目に、第一銀行の支店が英吉利仕込みの赤
煉瓦造で完成した。日本の資本が、漸く本格的な西洋建築を実現できるまでに実
力を蓄えてきたのだった。

 そうこうしているうちに、銀次郎の年長の同業者、兼松房次郎が、海岸通の店
を本格建築に建て替えることを決めて、神戸地方裁判所を手がけた江戸っ子建築
家・河合浩蔵に設計を依頼した。
 銀次郎も、仕事の往来に、兼松の新店の現場を通る時には様子を覗いてみた。
 居留地を別にすれば、栄町通や元町通界隈では、銀行の建物でも2階建半が多
かった。元町通1丁目にはシャツの大和屋や洋服の柴田音吉商店が3階建の店を
構えていたが、間口も奥行きも区々たるものであった。
 ところが、兼松の新店は大きな3階建の煉瓦建築だった。直ぐそばの店先で、
完成を心待ちにするかのように、足場を見つめる房次郎を目に留めた銀次郎が
近寄って話しかけた。

 「いや立派なもので御座いますな」。房次郎は「いやいやおかげさまで、なん
とかもう少し、というところです」と嬉しさを隠そうとはしなかった。
 「それにしても、これだけの大きさの建物をどうお使いになるおつもりで」。
 「ウチは1階は全部使いますが、2階以上はよそさんにお貸しするつもりです」。
 自社だけで使うのではなく、「貸家」経営も計算に入れて西洋建築を建てる房
次郎の算盤勘定を、銀次郎は内心、「流石」と称えていた。

 母ムメの病状は一進一退を続けていた。銀次郎は船主になった暁には、自分も
西洋建築の店を立てて、母を迎えることが出来れば、と思わずには居れなかった。
                               (この項つづく)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/54

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.032 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress