2007年 10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年10月27日(土曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(18)

カテゴリー: - dr-franky @ 23時59分06秒

 幸いなことにムメの病状はしばらくして快方に向かった。
 しかし、今ひとつ、銀次郎には気がかりなことがあった。
 同郷の先達である山下亀三郎の苦境である。

 なけなしの資金をはたいて、亀次郎が船主となり、その持ち船
「喜佐方丸」を軍用船に差し出したのは以前に記したとおりであ
る。さらに、外国船を借り上げて「第二喜佐方丸」としてフル稼
働させた亀三郎は、やがて時価百五十万円とも言われる稼ぎを手
にした、といわれている(数千円あれば立派な一戸建住宅が手に
入った時代である)。
 しかし、終戦後の反動不況の波を、山下はまともにかぶってし
まったのだ。瞬く間に利益は砂漠の蜃気楼のように失せてしまっ
た。海運業の厳しさを物語る出来事だ。

 しばらくして、山下が横浜を引き払い、神戸に活動の根拠を移
した。数年前に日本政府に返還された旧居留地の事務所ビルの一
角が、新たな山下の活動拠点となっていた。
 銀次郎は、山下の事務所へ顔を出した。
 「おお銀次郎さん」。裸一貫に戻ったとはいえ意気盛んな山下
の表情を見て、銀次郎はほっとしていた。
 「船は厳しいですな」、と銀次郎は声を掛けた。「いや、今回
はいい勉強をしたと思っちょる。しかし、まだまだ、世界は動い
ていくぞ。ますます海運は重要になる。その日に向けて準備に励
むだけじゃ」。
  
 銀次郎も、まずは船主目指して、事業の足腰を固めることに専
念する日々。幸い、不況下にあったとはいえ、満州の取引はまず
まず軌道に乗りつつあった。
 金のことはあくせくせず、その上面倒見のいい銀次郎、次第に
神戸の貿易業界の中でも世話役を自任するようになってきた。
                     (この項つづく)  


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/53

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.025 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress