2007年 9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年9月30日(日曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(15)

カテゴリー: - dr-franky @ 11時01分27秒

 ある日、銀次郎は神戸の貿易商経営者の会合に出席した。
 仕事は多忙を極めていたとはいえ、まだまだ業界では新参者の銀次郎は
こまめにこうした集まりには時間を割いてでも顔を出していた。

 会場の諏訪山の高台にある料亭の座敷に通された銀次郎は、出席者の
中に、いつもの顔ぶれ以外の、しかし見覚えのある男がいることに気付い
た。議事が終わり、酒宴に移ってしばらくして、銀次郎は其の男の所へ歩
み寄った。
「山下さん、しばらくです」。
 男は一瞬怪訝な表情を見せたが、直ぐに「ああ、あの時の・・・銀次郎
さんだね」、と相好を崩した。

 山下は、「そうか銀次郎さんが神戸で一旗挙げたとはねぇ」と感慨深げ
に銀次郎の顔を眺めた。
 銀次郎は、「山下さんは、今は紙じゃなくて船を扱われるのですな」と
問いかけた。
 「うん、わしもあれから色々あった。紙屋は直に止めて、竹内という商
社の石炭を扱う部署に勤めに行った。そこで傭船のイロハを身につけた。
 其のうちに、そこの部署を「暖簾分け」ではないが譲ってもらって、独
立した。石炭という商品も船が要だと思ってナ。金策に走り回って、今は
どうにかこうにか船主さ」。
 「ところで、銀次郎さんの方は」。
 銀次郎は、柄にも無く、はにかみながらも「大陸からの雑貨や、豆粕など
を商って、なんとかやっております」と答え、そしてこう付け加えた。「し
かし、船は面白そうですな」。
  
 「なあ、銀次郎さん」山下は声の調子を低くした。
 「もうじき、我が国は露西亜と戦火を交えることになる」
 「えっ」、銀次郎は驚きの表情を見せた。たしかに銀次郎のビジネスの
「主戦場」である満州地方をめぐる情勢からは、日露の緊張が高まっている
ことが窺がわれた。しかし、ここまで日露間の開戦について断言する山下の
根拠は何であるのか、銀次郎は測りかねていた。(この項、つづく)
 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/50

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress