2007年 9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年9月25日(火曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(14)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時29分05秒

 読者の皆様、更新が遅くなって申し訳ないです。
 
 小さいとはいえ自分の「城」を持った銀次郎、後年の飛ぶ鳥を
落とす勢いという威勢のよさにはまだまだ及ばないが、幸い取引
先には恵まれた。
 神戸の有力者、三田出身の小寺泰次郎の係累が経営する小寺洋
行は早くから中国東北部(満州)で大豆を商ってきた。小寺洋行
は、大豆を材料とした植物油の精製茂手がけていたが、その過程
で出来る豆粕の配給権を勝田商会は得ることが出来た。
 また、傭船に関しては、西宮の辰馬汽船と契約を取り結んだ。
 貿易では、傭船のやり方にって経費の金嵩が大きく変わること
もあり、銀次郎も必要に迫られて、次第に傭船のノウハウを身に
つける努力を積んだのだろう。

 ある日、銀次郎は伝票の中をしていて、「山下」という傭船業
者の名前があるのに目を留めた。住所を見ると横浜の業者らしい。
 「山下・・・、もしやあの時の紙屋か」銀次郎は東京英和から
旅立った数年前の一度きりの出会いを思い起こしていた。
 
 勝田商会を開いてから3年が過ぎた明治36(1903)年、銀次郎は
京都伏見の山崎家から妻・静を迎えた。会社の経営も軌道に乗り
自信を深めたことの現れであったか。
 時代は、中国東北部の利権を巡る日本と露西亜との緊張が高まり
つつある時期に当たっていた。銀次郎は注意深く情勢を読み、先を
見ようと策をめぐらそうとしていた。戦争による国家の膨張は、近
代化の過程の歴史の中である種の共通するパターンといえるが、日
清戦争の次のピークが、静かに進みつつあった。(この項つづく)
 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/49

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.027 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress