2007年 9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年9月15日(土曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(13)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 光村利藻は、山手の県庁近くにある父弥兵衛が建てた広大な
屋敷に住んでいた。

 カメラと無心に向き合う利藻と、自分の落差に愕然としつつ
も、銀次郎は別のことを考えていた。
「物を動かす貿易商も商いとしては面白みがある。しかし、船
を動かすというのも悪くは無いな。船持ちなら一財産を築くの
も夢ではない。光村弥兵衛のように・・・」。

 銀次郎は、税関での通関の手続きに強い関心を寄せた。海外
からの商品の取り扱いのAtoZでいえば、通関業務が無ければ
商品は日本の土を踏むことは無いわけだから、貿易業に携わる
なら通関業務に精通しているのに、こしたことは無い。
 この時期、銀次郎は神戸税関で働いていた、という伝説もあ
り、その日常は詳らかではないのであるが、臨時雇いで神戸税
関にもぐりこんでいたことも考えられる。とにかく、自身の関心
の赴くまま、突進し、壁にぶつかって転進する、必死のパッチ、
トライアンドエラーの連続というのが、日清戦争後の、この時期
の銀次郎の実情であっただろう。
 
 明治33(1900)年、19世紀が終わりを迎えたこの年、銀次郎
は神戸栄町通の片隅で、初めての自分の店を構えた。
 仕舞屋の軒先に掲げた真新しい「勝田商會」の看板を、銀次郎
は感慨深く見上げた。小さくとも、自分の城をやっと持てた、と
いう感動が、銀次郎の心を高ぶらせていた。
 銀次郎は、本籍地も松山の生家から神戸に移す手続きを済ませ
ていた。
 この異郷の港町に骨をうずめる決意を固めた銀次郎は、このと
き27歳であった。       
                     (この項つづく) 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/48

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.032 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress