2007年 7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年7月26日(木曜日)

底抜け!豪快!!船成金の館(その6)

カテゴリー: - dr-franky @ 22時34分02秒

 南青山といえば、いまや東京のど真ん中、ホンダの本社まである
土地柄だが、明治半ばの頃は、南豊島郡渋谷村といい、東京市街近
郊の武蔵野の面影がまだ残る一画だった。
 その渋谷村の辻を、銀次郎が歩いている。北国行きの列車で出会
った本多の言葉が頭から離れなかった銀次郎は、本多から渡された
書付けにある住所を目指していたのだ。
 銀次郎は、目指す南青山7丁目の一画にたどり着いた。
 広いグランドの隅っこに、校舎が2棟、1棟。校門には「東京英
和学校」と墨書された木製の看板が掛っていた。
 仕舞屋に入っている私塾的な形態を予想していた銀次郎は、「ほ
お」と感心したように、しばし校門の前にたたずんだ。
 
 学校の事務方を訪ねて、書付けも見せながら、銀次郎は東京英和
学校で学びたい、と申し出た。
 銀次郎も進学のために故郷を出たわけではなく、入学金、寄宿舎
の入居費、月謝などの経費が充分にあったわけではなかったが、学
校の職員達が、アルバイト先を斡旋してくれたのだろう。銀次郎は
無事、東京英和学校に入学することが決まった。
 一旗挙げて、の野心は、しばらく心の片隅に仕舞っておく覚悟を
銀次郎は決めたのだった。        (この項、つづく)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/41

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.123 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress