2007年 7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年7月5日(木曜日)

第二夜 底抜け!豪快!!船成金の館(その3)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 勝田銀次郎は、明治6(1873)年10月1日、伊予・松山
城下、唐人町に勝田林次郎とムメの長男として生を受けた。
唐人町の銀次郎の生家は、今の松山市大街道一丁目三の三、
大街道交番の西側、愛媛銀行の道を挟んで真向かいの位置
にあたる、という。
 松山でも随一の商人町・唐人町にあって、林次郎は米穀
商を営んでいた。大店とまではいかなくとも、比較的裕福
であったといわれている。
 銀次郎は、小学校を卒業後、旧制松山中学校に進学した。
勉学に励む傍ら、家業も手伝っていたと伝えられている。
 信州の赤尾善治郎もそうであったが、この時代は風雲の
志を抱く青年は、いざ花の都へ、新天地へとの思いを抱く
青年が多かった。
 銀次郎も、松山城下にあって、そうした時代の空気を痛
いほど感じ取っていたことは想像に難しくない。

 明治23(1890)年、銀次郎一七歳の時、父・林次郎が病
に倒れ、帰らぬ人となった。そうした厳しい状況ではあっ
たが、翌24(1891)年、銀次郎は松山中学校を卒業した。

 赤尾善治郎もそうであったように、銀次郎も父の死を機
に自分の将来を自らの手で切り開きたいという願望を押さ
えられなくなった。
 彼は、郷里の松山を出奔した。(この項つづく)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/38

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.052 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress