2007年 6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年6月28日(木曜日)

第二夜 底抜け!豪快!! 船成金の館あるいは勝田銀次郎傳(その2)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 船成金には2つの類型がある。
 一つは資金の豊富な異業種から参入するケース。もうひとつは、
傭船業や貿易業に従事しながら業務を通じて海運業界の知識を蓄
えて、戦争などに伴う景気の波に乗って成り上がる者。
 前者の代表といえば、西宮の「白鹿」醸造元の辰馬家がまずは
挙げられるだろう。江戸時代からの内海海運の近代化の中で、辰
馬汽船を興した。米穀商を起業した初代八馬兼介は、海運業に転
じ、その跡を継いだ三代兼介は、「八馬汽船」へ会社化を果たし
た。
 木村拓哉主演で再び注目された山崎豊子の「華麗なる一族」に
登場する「万俵家」のモデルとして知られるようになった岡崎家
は、前者と後者の中間に位置するケースだろう。
 土佐藩出身にして明治中期の神戸財界の中心人物である養父・
岡崎真鶴の後継者に迎えられた佐賀出身の元兵庫県庁勤めの岡崎
藤吉は、魚崎他武庫郡四ヶ村の村長に転じる一方で実業界に身を
投じ、酒造業界をターゲットにした銀行を創設するもそこが破産。
 起死回生を誓って駆けずり回ってかき集めたなけなしの資金を
元手に汽船業を興し、日清、日露の戦役で順調に手堅く船腹を増
やし、第一次世界大戦の絶頂期に、その所有船舶を高値ですべて
売り払って得た資金で神戸岡崎銀行を創設、金融業界に返り咲い
た経歴を持つ。
 こうした人々は、近年のベストセラー「金持ち父さん 貧乏父
さん」になぞらえれば、「金持ち父さん」のグループに入れてよ
さそうである(無論、同所の著者」ロバート・キヨサキのいう完
璧な「お金持ち」に至っていないファミリーもあるが)。

 後者の筆頭には、内田信也、山下亀三郎、勝田銀次郎の三羽ガ
ラスを挙げて、異論は出まい。この中で、内田、山下の二人も
「金持ち父さん」グループに線引きできそうだ。しかし、勝田銀
次郎は、「金持ち父さん」でもなければ、勤勉実直な「貧乏父さ
ん」でもない、第三の道を歩んだ人物だった、といえるのではな
いか。その生き様とは、どのようなものであったのか。
                     (この項つづく)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/37

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.028 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress