2007年 5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年5月31日(木曜日)

第一夜 町カクテル「西灘」をオーダーする(その1)

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 善治郎は、棟梁の儀久を呼び寄せた。

「私は」善治郎は口を開いた。「隠棲のための棲家を建てるときが来たと
悟った」。
 「しかし」言葉を継いで、「こじんまりとしたものは建てようとは思って
おらん」。
 儀久はじっと善治郎と向かい合った。儀久は口数の多い方ではない。しか
し、長い付き合いの中で、善治郎の好みに通じていた。

 善治郎は自分の思いを申し述べた。自分も糸子も歳をとってから立ったり
座ったりがおっくうになってきた。基本は椅子式の住まいである。外観も概
ね洋風を基調に考える。
 青春時代を過ごした亜米利加の西海岸側では、白漆喰の大壁に赤い丸瓦を
葺いた西班牙風の邸宅が流行っていた。神戸にも塩屋にイギリス人が建てた
のやら、幾つか実例がある。そういったものを参考にしてほしい。
 それから、やはり港が見渡せる塔が是非欲しい。
 
 「承知しました」。儀久は、頭の中で善治郎の新邸の構想図を仕上げつつ
あった・・・。
 
 二人の会談からしばらくして、阪神急行電鉄の真新しい高架橋が家並みの
上に、まるで万里の長城のように抜け出た原田通の一角に、この鉄筋混擬土
の城壁を越えるような大きな足場が組まれていた。

人々は、驚きながらこの足場を眺めて囁きあった。
 「何でも亜米利加帰りのお大尽の隠居所やそうな・・・」
                     (この項、とりあえず続く)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/32

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.023 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress