2007年 5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年5月24日(木曜日)

第一夜 汽笛亭にたどり着く

カテゴリー: - dr-franky @ 00時04分14秒

 数日後、筑前飯塚から私宛に一つの書籍小包が届けられた。

 仕事先から帰宅した私は、とるもとりあえず、封を切った。
 ビニール袋に丁寧に包装された其の本は、B六版と、思いの外
こじんまりとしたサイズだった。
 「赤尾善治郎傳」と布装に金文字が打たれている。私は、ビニ
ールの包装を止めているセロハンテープをはがした。
手に取ると、戦時中の発行ながら本文の紙質も思っていたより
も良かった。奥付を見ると昭和十七年九月の発行で、沼津市在住
の服部純雄という人物が執筆している。
 服部氏は、赤尾氏の親類で、広島で永らく中等学校の教壇に立
っていた人物らしい。そのせいか、本の内容は偉人伝にありがち
な成功譚に加えて、道徳の教本みたいな説教めいた話もあった。
 しかし、しかし、赤尾善治郎については、赤松啓介が「神戸財
界開拓者伝」(太陽出版、昭和55年)で評伝を記しているが、神
戸商工会議所の会員向け通信の連載記事がベースだけに記述に物
足りなさを感じるのも事実。そうした中で、この評伝は赤尾善治
郎の足跡をもうすこし詳しくたどるために欠かせない貴重な資料
に違いなかった。
 付け加えるならば、建築探偵の目を釘付けにする、歴史的ショ
ットが収められていたことで、私は「元を取った!」と思い、納
得したのだった。            (この項つづく)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/31

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.035 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress