2007年 4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年4月26日(木曜日)

第一夜 「台北」定番レタス入りチャーハンを味わう

カテゴリー: - dr-franky @ 21時37分44秒

 ある日、私はナダク某所のアジトでnaddist氏から指令を受けた。

 「原田界隈の近代建築や町並みの見学会を行うことになった。ところで
今回の君への指令だが、町歩きのナビゲーターをやってもらう」。
 「今回は、どういった所を取り上げるのでしょう」。
 「ナダ駅舎を基点に、ブンカ軸をキーにコースを組む。今回は、
1箇所、建物内部の見学に協力してくださるオーナーさんが居られる。」
 「それは何処の方で」
 「旧近美の下の産婦人科のK先生の邸だ」
 「えっ、あのK先生の・・・」。

 そう、「原田のジェームス邸」が急に私に接近してきた。 
 内部見学の下打ち合わせのため、naddist氏の協力者ミスターMが、
既にK博士に渡りをつけているという。
 思わぬところから、私は「原田のジェームス邸」を訪問する機会
を得ることになった。
 晩夏の、ある土曜日の昼下がり、指定された時間に、久しぶりに
(なにしろ、いつの間にか私は就職を果たし、大震災も起きて数年
過ぎているのだから!)、私はK博士の邸を訪ねた。
 
 大きな重々しい門扉が開き、妙齢のK夫人が出迎えてくださった。

 外からしか見たことがなかったが、庭木も丁寧に手入れされ、鮮
やかな花々で彩られている。ここの一画だけは世界が違うように思
った。
 玄関のところには、こうした邸宅にはつきものの、デザイン上の
あそびというか、手洗い場風のしつらえがあり、ライオン君が取り
付いている。
 私は上のほうを見上げた。
 銀色のドーム屋根は相変わらずとってつけたような感じだが、
ファサードは一見すると昔と変わらないようにも思えた。
 玄関ドアは、喫茶店なんかについていそうな、格子状にガラスが
はまったタイプのものが入っている。これはオリジナルではないの
かもしれない。
 いよいよ、私は、応接間へ通された。  (この項つづく) 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/27

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress