2007年 4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年4月5日(木曜日)

第一夜 おばちゃんから差し入れの落花生が差し入れられる

カテゴリー: - dr-franky @ 00時15分00秒

 第一次世界大戦の景気は空前だった。勝田や山下、内田といった船成金を
はじめ、にわか成金が我が世の春を謳歌した。
 もちろん善治郎には、そこらの成金のような浮ついたところはなかったが、
やはり時流に乗って業績を伸ばしていった。善治郎の会社の主要な取引先で
ある亜米利加は当初は参戦せず、モンロー主義の下で中立の立場をとってい
たこともあって、取引には悪い影響はなかった。
 
 花隈の花柳街では、暗い足元を照らすのに百円札を燃やしている、などと
いう風刺絵も出た。
 川崎造船所の松方幸次郎など、「欧州の大戦は十年はつづく」と言って、
鼻息も荒く規格を統一した「ストックボート」の建造に血道をあげ、其の一
方で独逸のUボートの機密を狙ってヨーロッパへ渡り、カモフラージュもか
ねて名画を購入するようになっていた。

 もちろん、その一方では狂乱物価に苦しめられる庶民の姿があった。
 大正7(1918)年には、松方の盟友、金子直吉の率いる鈴木商店の東川崎
町の本店が、群集によって焼き打ちれる事件が起こった。内地の米を買い占
めている事実はないにもかかわらず、「鈴木はたいそう羽振りがええようや」
という評判だけで、買占めの元凶と槍玉に挙げられる。押し留めようのない
無数の衝動が引き起こした出来事だった。

 しかし好事魔多しとはよく言ったものである。
 その年の11月、独逸は連合国に降伏した。

 こうなれば世の中一転して「売り一色」である。
 輸出量は大幅に減少した。それは花筵も例外ではなかった。善治郎の会社
は百数十万ドルにも及ぶ滞貨を抱え、メーンバンクの横浜正金銀行も取引の
信用額を大幅に制限するほかなかった。

 善治郎は、人生最大の危機に直面した。     (この項目つづく)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/24

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.027 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress