2007年 3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年3月29日(木曜日)

第一夜 1曲目 「ムーンライトサーファー」でジャンプする

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

確定申告の期間はもう終わってしまったが、一部の方は良くご承知の
とおり、灘区泉通には、灘税務署が置かれている。

 以前は浅野ゆう子が母と2人で灘税務所へ確定申告、というのが季節
のニュースで定番になっていたと思う。最近は佐渡裕氏が登場してきて
もおかしくない、と思っているが実際はなかなか記事になったところを
見たことがない。今はみんなオンライン申告に移行をしてしまったのだ
ろうか。すこし寂しくはある。
 しかし、一般クミンにとっては唐突な感のある「ナダ」に税務署、な
のである。なぜ「御影」でなく「泉通」なのだろうか。

 ある日、私はクナイ某所のnaddist氏のアジトで、1冊の本を眺めて
いた。
 「皇太子殿下御結婚記念 西灘村史」というこの大部は、神戸市への
編入直前の大正15(1926)年、西灘村の歩みを当時の県議会議員・西岡
安左衛門が編んだものである。
  
 この時代のこの手の本は、冒頭に村内の官公署や名所旧跡の写真を
載せている。空襲で焼ける前の今のJR灘駅周辺の風景は、発見の連続
だった。戦前のパンダストリート。今やジャズコンサートが開かれるお
寺も、昔は大きな瓦屋根のトラッドな佇まいであったり・・・。
 そうした中に、見慣れない鉄筋コンクリート造のいかにも1930年代官
公庁系建築、といった風情の建物の写真が載っていた。
これは警察署かな、と思った私はキャプションの所に目をやった。
 そこには5文字の漢字がクレジットをされていた。

 「花筵検査所」、と書かれている。

 家に帰って、昭和7年の神戸市街地図を広げてみた。灘区のあたりを
見ていくと花筵検査所と書かれた一角が見つかった。それは、なんと今
の灘税務署の敷地にあたっていた。どうも花筵検査所の跡へ、税務署が
設置されたという構図が見えてくる。 

 私にとっては「花筵」という言葉が新鮮だった。
 いったい「花筵」とは何なのか。またその検査所とは・・・。
 しかし、その建物と、原田通の謎の館とのつながりを予想すらしてい
ない私だった。               (この項つづく)

新しい花筵検査所


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/23

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress