2007年 3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年3月8日(木曜日)

第一夜 「高雄」の間にて改めて「缶ラガー」で乾杯す

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

 善治郎に救いの手を差し伸べた人物とは、森村組時代の上役、村井保固である。

 ある日、村井から善治郎に「一度会わないか」と面談の申し入れがあった。
 約束の刻限、場所に出向いた善治郎に、村井は「独立独歩で苦労しながら花筵で
頑張っているそうだな」とねぎらいの言葉をかけた。

 村井は善治郎が置かれている境遇をよく知っていた。早いもので善治郎が森村組
を離れて二年余の歳月が流れていた。穴倉組の時から、他者にはない善治郎の豪胆
さを、村井は評価していた。

 村井は、善治郎に資本の融通を申し出た。「私は」、村井は続けた「森村組は今
こそ君と協力するべき潮時に来ている、と考えている。」。
 「有り難う御座います」。善治郎は、しかし首を横に振った。「私はひとり立ち
を決めてここまでやってきました。村井様の、その尊いお気持ちだけで今の私には
充分です」。
村井は言葉を重ねた。「善治郎君、いいかね。これは援助ではない。パートナーへ
の協力と受け取って欲しい。君の力量と性分を思い存分発揮してもらいたいと思って
いるのだ」。
これ以上の言葉は善治郎には不要であった。ここに善治郎と森村組との間で花筵取
引について紳士協定が成立した。

森村組からの資金的な協力が得られたことで、信用力が増した善治郎の事業も漸く
軌道に乗るめどが立つようになった。もちろん、一人何役というスタントを善治郎は
演じ続けなくてはならないことは変わらなかったが。
 ただ、大きな変化があった。善治郎は日本へ帰朝するようになった。

 人任せにしていた商品調達を、善治郎は魚の行商の時の経験から直営で行うことに
決めたのだ。
 自分自身が集めてまわった取引先からの注文を元に、日本へ戻って中国地方の花筵
の産地を巡って商品を買い付けては、神戸港から積み出し、其の荷物の載った貨客船
に乗り込んで亜米利加へ戻り、通関手続きを済ませて相手方に手渡す、ということを
年二回はやった。徐々に産地側も善治郎に信頼を寄せるようになってきた。
                             (この項目つづく) 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/20

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.044 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress