2007年 3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年12月21日(火曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(75)
2010年12月19日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(74)
2010年7月19日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(73)
2010年6月28日(月曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(72)
2010年3月28日(日曜日)
底抜け!痛快!!船成金の館(71)
灘建築夜話 月別過去ログ
灘建築夜話 カテゴリ一覧
灘建築夜話 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年3月1日(木曜日)

第1夜 「台北」のフロントで大将とおばちゃんに挨拶する

カテゴリー: - dr-franky @ 00時00分00秒

「なんてことだ」。善治郎は絶句した。

 倉庫には、日本からの花筵がたしかに届いてはいた。しかし、善治郎が発注した
数量にははるかに満たない、10分の1の商品しか届いていなかった。しかも、梱包を
解いて中身を見ると、善治郎の注文とはまったく異なるデザインの柄だった。

この頃、花筵は輸出額を伸ばしている時期であった。日本の産地では欧米各地から
の注文に追われる状況であった。善治郎が注文を出した日本の貿易商も、取引実績
のない一介の若者より、すでに取引のある他業者を優先して、そのしわ寄せが善治郎
に集まって悪い結果をもたらした、という所であった。

 善治郎は、注文主を回って、違約を詫びてまわった。相手からの詰問に平身低頭し
ながら、しかし善治郎の心の中には「今に見て居れ」という負けじ魂がさらに燃え盛る
ようになっていたのだった。

 渡米して一番の窮地に陥った善治郎だったが、しかし、森村やかつての仲間に頼ろう
とはしなかった。彼は西海岸の住み込み家政夫の時の辛酸の日々に固めた「独立独歩」
の精神を今こそ貫かなければ、明日はない、と自分に言い聞かせ、じっと耐える日々を
積み重ねていた。
 後年著された善治郎の伝記にはイギリスの評論家トーマス・カーライル(1795〜
1881)の言葉を引用して
「汝自身不動の一點に立つべし、然らば偉大なる友は、求めざるに汝に来たらん」
と善治郎の境遇を記している。
この言葉どおり、善治郎の前に救いの手を差し出す者が現れた。(この項続く)


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress3/wp-trackback.php/19

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.156 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress