2008年 5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2013年3月25日(月曜日)
第88話「備後町」
2012年3月11日(日曜日)
第87話「琵琶町」
2012年3月4日(日曜日)
第86話「日尾町」
2010年12月12日(日曜日)
第85話「稗原町」
2010年9月26日(日曜日)
第84話「原田通」
灘の旅人 月別過去ログ
灘の旅人 カテゴリ一覧
灘の旅人 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2008年5月25日(日曜日)

第54話「新在家南町」

カテゴリー: - aiai @ 09時00分39秒

酒は命の水だという。

ならば新在家南町は、命の水が生まれる場所と言える。

小泉製麻の工場あったという場所は、紆余曲折を経て、今は真新しいショッピングセンターになっている。

便利で賑やかで、明るくて楽しい場所。

前回の「新在家中町」の記事にコメントを頂いたが、
アクタスがあるサザンモールの東側の部分は、旧入船町の一部だったようだ。

震災後にできた復興住宅と、ショッピングモールの間が西国浜街道にあたる。

南には、かつてマンボウが遊びに来た運河が走る。
運河の南には、高速道路と神戸製鋼。なにやらマッチョな風景だ。

手の込んだ「酒蔵風」の自転車置き場。

新しく「古いもの」を作ったものが古くなったら、
どうなるのだろう。僕にはさっぱり分からない。

それでもソテツは立派にニョキニョキしてるし、
マツムラスポーツのカレーの味も、以前と変わっていないと信じたい。


夕暮れ時の新在家南町。

米が酒になる時の、酒になる前の匂いが漂う。

目を凝らせば、あちこちに井戸の形跡がある。


新在家南町にも、新しい宅地開発の波が押し寄せている。

米が酒に変わり、町が新しくなる。

古いままのものもあるし、新しく古いものを作ることもある。

商店街でなく、住宅地でも工業地帯でもない。

酒蔵と、製麻。

ショッピングセンターと、復興住宅。

細い路地の井戸とハウスメーカー。

新在家南町はいま、そんな町になっている。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress5/wp-trackback.php/59

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

31 queries. 0.101 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress