2008年 4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2013年3月25日(月曜日)
第88話「備後町」
2012年3月11日(日曜日)
第87話「琵琶町」
2012年3月4日(日曜日)
第86話「日尾町」
2010年12月12日(日曜日)
第85話「稗原町」
2010年9月26日(日曜日)
第84話「原田通」
灘の旅人 月別過去ログ
灘の旅人 カテゴリ一覧
灘の旅人 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 灘の旅人 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...

2008年4月27日(日曜日)

第50話「城内通」

カテゴリー: - aiai @ 09時00分57秒

第50話まで来たようです。

城内通は「シロノウチドオリ」である。

ジョウナイでもシロウチでもない。

城はなくても、豪壮な屋敷があったことが由来とのこと。
街路の入り組み方から、原田村の気配は強く感じることができる。

村の気配は、地蔵の多さからも窺い知ることができそうだ。

稗田地下道も味わい深いが、原田地下道もなかなかだと思う。

水族園の水中トンネルのようでもある。
この「青」、どうだろうか。

屋根の向こうに観覧車が見えて、その向こうに摩耶山が見えるのもステキだ。

阪急高架下のお店たち。

開かなくなった扉も、いつかまた誰かがひょいと開いたりして、
いろいろな人やモノや思い出が出入りする場所になってくれることを祈りたい。

市場や商店街の端っこだったり、高架下だったり。
そういう場所から醸し出される魅力に、いつもクラクラしてしまうのだ。

六甲道-JRの高架下も、こんな空気を思い出してくれればいいのに。

斜めの歩道に、ベンチを平らに置いてくれる心意気。

一升瓶入りのプリンセスソースが、やっぱり一升瓶のケースに入ってる。
そんな良さがある、城内通。


2008年4月20日(日曜日)

第49話「将軍通」

カテゴリー: - aiai @ 09時00分39秒

将軍通は、水道筋につながる町だ。

灘に暮らし始めたとき、「灘区には将軍とか王子とか、妙に偉そうな名前が多いのはなぜだろう?」と思ったりしたものだが、

最近では特に疑問を持たなくなった。それだけ馴染んだということか。

この将軍通というのが、名前のわりに庶民的というか、下町っぽい雰囲気なのだ。

都賀川を挟んで西から水道筋商店街が始まるという、このロケーションが、

「商店街じゃないけど、ここも庶民の町だよ」的な雰囲気を生み出しているのかもしれない。

山手幹線の拡張工事で、最後の砦のように残った数軒が目を惹く。

たこ焼き屋さんと床屋さんが並んで営業していた頃の「昭和な風景」が妙に懐かしいような。

とはいえ、数年前までは灘区役所が目の前だったわけだし、

今も区民ホール、灘ケーサツ、金沢病院なんかの大きな建物のすぐ近所なわけで、

これはどうにも立地的に将軍通あたりが灘区の要になっているというだけでなくて、

「将軍通」という名前の成せる業なのかもしれないと思ったり思わなかったり。

でも、将軍通は思いの外小さいエリアに収まっている。

将軍通の郵便局あたりで始まって、都賀川の東側まで、実にコンパクトだ。

関電の変電施設(「南灘変電所」という看板が出ている)が偉容を誇り、 交差点を渡ってちょっと歩けば、もう都賀川に出てしまう。

将軍通だからといって、暴れん坊将軍が白い馬に乗って駆け抜けていったり、大河ドラマの篤姫が草むらから出てきたりすることはなさそうだ。


2008年4月6日(日曜日)

第48話「下河原通」

カテゴリー: - aiai @ 09時00分15秒

下河原通は、鈴木薄荷のあたりからはじまる。

ハッカの強い香りはちょっと苦手だが、遠くからほんのり香る鈴木薄荷から漂う匂いには、

どことなく甘味があって、ほんのり漂う桜の花の香りと混ざると、実によい。

生クリームにバニラエッセンスを一滴垂らすとか、そんな程度のさじ加減が大事なのだろう。

風向き次第で偶然に楽しめるというのも、ステキだと思う。

ナダタマでは匂いが届けられないので残念!

夕暮れ時の下河原公園にも、めいっぱいの桜。

春は、どの場所にも平等にやってくる。

静岡で過ごした高校時代、毎日のように自転車で渡っていた安倍川。

南アルプスから生まれ出で、駿河湾に流れ下る一級河川だ。

その源流部では、かつて砂金が採れたという。

きな粉を砂金に見立てて餅にまぶし、時の権力者・徳川家康に献上したところ、

たいそう喜んだ家康が「安倍川もち」と名付けた・・・という言い伝えが残っている。

マルセル・プルーストは、一杯の紅茶とマドレーヌから記憶の大伽藍を呼び起こしたが、
柔らかく、優しい味わいのナダシンの「安倍川もち」を頬張ったら、家康の話を思い出した。



そういえば、安倍川もち発祥の地で育った私が餅つきデビューしたのは、この灘区だった。

もし、どこかの公園やまちかどで餅を搗く学生の姿を見かけたことがあるとしたら、

それは私だったかもしれないし、私の餅つき仲間たちかもしれない。

餅つきにちょっとウルサい大学生が出没するまち、というのも悪くないんじゃないだろうか。

それにしても、ナダシンの餅は美味い。

灘は餅つきの聖地なんじゃないか、という気分になる。

第23話の「上河原通」にも書いた、例の銅像も、すっかり春めいた雰囲気になっている。

次回は「将軍通」の予定。


31 queries. 0.049 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress