2012年 3月
« 12月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2013年3月25日(月曜日)
第88話「備後町」
2012年3月11日(日曜日)
第87話「琵琶町」
2012年3月4日(日曜日)
第86話「日尾町」
2010年12月12日(日曜日)
第85話「稗原町」
2010年9月26日(日曜日)
第84話「原田通」
灘の旅人 月別過去ログ
灘の旅人 カテゴリ一覧
灘の旅人 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘の旅人 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...

2012年3月11日(日曜日)

第87話「琵琶町」

カテゴリー: - aiai @ 09時26分41秒

今日が3月11日なので、琵琶町の記事を書く。

先週、カメラを抱えて琵琶町をウロウロとしていたら、

2号線沿いにあるバイク屋「一井サイクル」のおっちゃんが声をかけてくれた。

「震災の時の写真がある」というので、提供していただいた。


(一井サイクル提供)

17年後の現在、同じ場所を、同じように撮ってみた。

琵琶町の被害や震災の影響については、たとえば東京大学によるアンケート調査の結果が公開されているし、震災後の復旧を定点観測した写真集も作られている。

震災復興の区画整理事業についても、多くの報告がある。

震災で焼け野原になって、たくさんの方が亡くなって、区画整理事業をやり遂げて、今の琵琶町がある・・・と書けば、言葉の空虚さが漂うばかりだ。

町を通り過ぎるだけの人間には分からないけれども、思いを馳せることはできる。

それが何の力にもならないとしても。

琵琶町に立って、3月11日の被災地に思いを寄せてみる。


2012年3月4日(日曜日)

第86話「日尾町」

カテゴリー: - aiai @ 09時43分06秒

日尾町を、というよりも灘区を離れて半年が経つ。

日尾町に住んで10年が経った昨夏、灘区を去ることになった。

思いがけない形で、灘区を巡る短い旅に一区切りがついてしまったかに思えた。

しかし、さほど遠くに移ったわけでもないので、

事情が許す限り「灘の旅人」は続けたいと思い直してみて、2年ぶりに更新してみる。

日尾町に住むことにしたのは、阪急六甲とJR六甲道の、

ちょうど中間あたりという立地が気に入ったからだ。

(後輩が同じマンションの隣の隣の部屋に住んでいたから、という別の理由もあったけれど・・・。)

山手幹線より山側の雰囲気も醸しつつ、

阪急六甲というよりは、庶民的な雰囲気を残しつつ、というバランス感覚。

山手と浜手の遷移地帯のような、中の手の雰囲気。

八幡神社のお膝元感もあるし、だんじり倉庫もある。

ケーキ屋のモリナカはいつも繁盛している。

モリナカの向かい側にあるコインパーキングには、

かつて「クラブミレー」があった。

灘区を離れてみて、改めて思うが、こういう密度の高い混沌というか、

コントラストが強めに「いろいろある」ということは、大きな魅力だ。

この日尾町(ひおちょう)という町名、意外と言いにくい。

電話で住所を伝える時、知らない人からは「ヒヨチョウですか?」と、何度も聞き返される。

仕方なく「お日さまの日に、しっぽの尾」と言わないと相手に通じない。

全国的に見れば、日尾の地名は散見される。

「日尾」の字を冠した神社もあり、「日王(神道における太陽を祀る神官)」に由来するという説もあるが、日尾町の日尾がそれなのか、定かではない。

この日尾町にも、山手幹線拡張の波は押し寄せ、

愛すべき定食屋やジーンズ屋がいくつか姿を消し、

その代わりに、山手幹線がデップリと太った。

日尾町、しばらく見ない間に痩せたような気がした。


29 queries. 0.039 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress