2008年 4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2013年3月25日(月曜日)
第88話「備後町」
2012年3月11日(日曜日)
第87話「琵琶町」
2012年3月4日(日曜日)
第86話「日尾町」
2010年12月12日(日曜日)
第85話「稗原町」
2010年9月26日(日曜日)
第84話「原田通」
灘の旅人 月別過去ログ
灘の旅人 カテゴリ一覧
灘の旅人 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2008年4月27日(日曜日)

第50話「城内通」

カテゴリー: - aiai @ 09時00分57秒

第50話まで来たようです。

城内通は「シロノウチドオリ」である。

ジョウナイでもシロウチでもない。

城はなくても、豪壮な屋敷があったことが由来とのこと。
街路の入り組み方から、原田村の気配は強く感じることができる。

村の気配は、地蔵の多さからも窺い知ることができそうだ。

稗田地下道も味わい深いが、原田地下道もなかなかだと思う。

水族園の水中トンネルのようでもある。
この「青」、どうだろうか。

屋根の向こうに観覧車が見えて、その向こうに摩耶山が見えるのもステキだ。

阪急高架下のお店たち。

開かなくなった扉も、いつかまた誰かがひょいと開いたりして、
いろいろな人やモノや思い出が出入りする場所になってくれることを祈りたい。

市場や商店街の端っこだったり、高架下だったり。
そういう場所から醸し出される魅力に、いつもクラクラしてしまうのだ。

六甲道-JRの高架下も、こんな空気を思い出してくれればいいのに。

斜めの歩道に、ベンチを平らに置いてくれる心意気。

一升瓶入りのプリンセスソースが、やっぱり一升瓶のケースに入ってる。
そんな良さがある、城内通。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress5/wp-trackback.php/55

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

31 queries. 0.027 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress