2007年 12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2013年3月25日(月曜日)
第88話「備後町」
2012年3月11日(日曜日)
第87話「琵琶町」
2012年3月4日(日曜日)
第86話「日尾町」
2010年12月12日(日曜日)
第85話「稗原町」
2010年9月26日(日曜日)
第84話「原田通」
灘の旅人 月別過去ログ
灘の旅人 カテゴリ一覧
灘の旅人 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年12月23日(日曜日)

第39話「篠原」

カテゴリー: - aiai @ 09時00分29秒

神戸市の住民基本台帳によれば、2007年11月現在16世帯38人ほどの人口が
あるとされる篠原地区(小屋場山、シル谷、仲山)。

北でも南でも本でも中でも伯母野山でもなく、「篠原」である。

六甲山の山中は、基本的には旧村の入会地(薪炭や茅を採取するための村の共有地)
で構成されているため、等高線が込み入った山腹あたりを
地図でよく見ると「高羽」「畑原」「五毛」などの旧村名が
「字」として残されている。

「篠原」は、篠原村のかつての入会地だったエリアなのだろうけれど、
谷沿いに山の中腹まで開発が進んだ結果、
入会地が部分的に売られて宅地化が進んだということなのだろうか。

で、このエリアにアクセスするために六甲川の支流、日柳川の上流部を目指す。
途中、海星病院の西側にある道路には、こんな看板。

約3m弱の道路の中央1m部分だけが公道、両脇の1mずつが私道ということになっているようだ。

迷惑にならないように、ソロリソロリと谷沿いの坂道を上がっていく。

寂しい山道の孤独な雰囲気に負けず、やーやーと突き進んでいく。

でも、そのまま行くと誰かの家の庭先に入ってしまいそうなので、
ちょっと挫けて、スゴスゴと引き返してきた。

さらにこの奥地に進んでいくと、
「篠原隠小屋山」という地名があるらしい。

行ってみたい・・・。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress5/wp-trackback.php/44

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

31 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress