2007年 11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2013年3月25日(月曜日)
第88話「備後町」
2012年3月11日(日曜日)
第87話「琵琶町」
2012年3月4日(日曜日)
第86話「日尾町」
2010年12月12日(日曜日)
第85話「稗原町」
2010年9月26日(日曜日)
第84話「原田通」
灘の旅人 月別過去ログ
灘の旅人 カテゴリ一覧
灘の旅人 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年11月25日(日曜日)

第37話「桜口町」後編

カテゴリー: - aiai @ 09時00分00秒

震災の前の風景をほとんど失ってしまった町もたくさんある。
震災後の再開発とは、往々にしてそういうものであるようだ。

私たちの頭の中にある桜口町という地名が同じであっても、
震災前の桜口町と現在のwelv-桜口町は、同じものだろうか。

地上の緯度経度は、確かに同じ位置かもしれない。
でも、目の前にあるのは以前とはまるで違う町だ。
これを「記憶の断層」とでも呼べばいいのだろうか。

私は、震災前のこの町を知らない。
しかし、再開発が始まる前のこの町の景色は、ほんの少しだけ覚えている。

そしてwelvが現れた。

なぜイタリア広場なのか?
そもそも、町の名前がなぜアルファベットなのか?
(桜口にちなんで「チェリータウン」にでもしたらいいか、という話でもない・・・)

でも、子どもたちは楽しそうに遊んでいる。
オシャレなお店もたくさんできた。
「まちづくり」には、多大な苦労があったという。

ならば、このwelvの何が不満なのか。

この場所に来る度に、数多の疑問や想いが心の中で舞い上がっては沈殿する。
いつもいつも、その繰り返し。

芝生が痛みやすかったり、マナーの問題があったりするようだ。
公園を守る活動は、住民の方々が取り組んでいるという。
増え続ける「禁止看板」が痛々しくもある。

でも、多かれ少なかれ、他の町だって同じような悩みを抱えている。
welvだけが特別だというわけではない。

単純に、まだこういう「スタイル」に自分自身が馴染めていないだけなのか。

震災後に生まれた駅前ニュータウンは、
まだしばらくの間、僕を悩ませるに違いない。

ところで、桜口町には灘区役所がある。

区役所の移転に伴い、灘クミンの中でもいろいろな意見があったようだが、
それとは全然関係なく、最近、区役所のサイトに、こんなコーナーができた。

「あんぜん・あんしん なだ防犯ナビ」

この「灘の旅人」では各町をウロウロと歩き回るだけに、
不審者情報には人一倍敏感なのだ。

自分が不審者に間違われないように・・・ではなく、
犯罪発生情報を共有しておくのは何かの役に立つかもしれない。

ナダタマは、区役所や行政とは何の関係もないけれど、
たまにはこういうのを紹介しても罰は当たらないと思う。

みなさんも、ご自宅近くの情報をチェックされてみてはいかがでしょうか?


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress5/wp-trackback.php/42

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

31 queries. 0.030 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress