灘区昭和館 カレンダー
2007年 8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2012年4月10日(火曜日)
無名時代の桜トンネル
2011年7月4日(月曜日)
パパとママと過ごした日
2010年6月10日(木曜日)
地下道慕情(2)西灘の好々爺
2010年5月19日(水曜日)
地下道慕情(1)
2010年2月9日(火曜日)
奥摩耶の銀盤
灘区昭和館 月別過去ログ
灘区昭和館 カテゴリ一覧
灘区昭和館 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年8月28日(火曜日)

34日目 高羽幹線S30

カテゴリー: - naddist @ 11時30分19秒

「永遠の六甲道」が「永遠の灘公設市場」になりそうなので、
少し六甲道方面に話を戻しますね。
…といっても、少し東に行き過ぎかもしれませんが。

高羽幹線(H30年代)""

昭和30年代くらいの高羽幹線(主要地方道灘三田線)を国道2号側から北を
見たところです。道幅など現在とほぼ同じですが、当時の自動車が小さいので
広く見えますね。灘マツダも近い事ですしマツダの軽トラックでしょうか?
そして通行量が圧倒的に少ない。
六甲トンネルもまだできていないので、まだ幹線になりきってないわけです。
それをいいことに、この辺りの子どもたちはこの道路を「公園」として
使っていたそうです。
のどかなはなしですな。

沿道の住宅ものんびりと。
いまはマンションが林立していますが。
右手に「毎日屋ランドリー」が見えますので、道路を挟んだ石垣の家は
入江歯科のあたりでしょうか。

道路の先にかすかに高架化前の国鉄の踏切が確認できます。
ここも六甲道と同じく開かずの踏切
そしてさらにその先には造成地が見えます。
そう、造成中の鶴甲です。
「マンモスニュータウン鶴甲」もまだできていなかったわけです。
それに六甲山系もこころなしか緑が少なく感じますね。
禿げ山だった六甲山にようやく緑が増えて来ているといった感じ。

このころから灘区も高度経済成長に突入し、どんどん風景が変わって
いきます。

高羽幹線(H19.8)
現在の高羽幹線

(写真:堂内克孝様所蔵)

【六甲道お宝写真募集】
「永遠の六甲道」では、六甲道周辺の古い風景が写っている
写真を探しております。
そろそろ手持ちがなくなりそうな雰囲気が(w
そんな些細な写真でも結構ですし年代も不問ですので、もしご提供
いただけるようでしたら、info@nadatama.com「永遠の六甲道係」
までご一報くださいませ。
ご協力の程よろしくお願いいたします。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress9/wp-trackback.php/40

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.026 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress