灘区昭和館 カレンダー
2007年 1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2012年4月10日(火曜日)
無名時代の桜トンネル
2011年7月4日(月曜日)
パパとママと過ごした日
2010年6月10日(木曜日)
地下道慕情(2)西灘の好々爺
2010年5月19日(水曜日)
地下道慕情(1)
2010年2月9日(火曜日)
奥摩耶の銀盤
灘区昭和館 月別過去ログ
灘区昭和館 カテゴリ一覧
灘区昭和館 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘区昭和館 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...

2007年1月27日(土曜日)

10日目 寄り道ウロウロ

カテゴリー: - heart-angl @ 23時01分39秒

今はフォレスタがあるあたりにウロウロと戻ってきました。

今もむかしもこの辺りはにぎわっていたようです。
フォレスタが出来る前は神若線と国鉄のあいだにもアーケードがありました。
よく、備後町の家から六甲口の生協さんに、母に連れられて買い物に行ったものです。
この風景は郵便局によった時に見てたのでしょうね。

幼い子にとって遠いはずなのにそう感じなかったのが通り道であるアーケードそのものが
買い物の目的地でもあったからでしょうか?市場だってそう。
帰りは、宮前市場を通って宮前商店街を通って
六甲新道(ここはアーケードなかったっけ)を通って帰宅ってことが多かったかな

混沌というか、今風に言えばすごいハイブリッド。むしろまちそのものがゆるゆるのショッピングセンター?と言った方が良いかもしれません。

店の人と話したり、買い物エリアそのものだ道だから、よく知り合いに会う。
ショッピングセンターにいくのとは違う、目的地と通り道が混沌とした昭和の買い物エリア。

未だ水道筋ではこの雰囲気も健在なだけに六甲道が寂しく思う今日この頃。

左:昭和40年代半ばの永手郵便局前から南東を臨む。

右:平成19年1月の同じところ。


2007年1月20日(土曜日)

9日目 灘小へ移動中

カテゴリー: - heart-angl @ 23時56分33秒

成徳から灘小へ時空をこえて。移動中

そして、ふと振り返る。

ここは、「神若線」
子どもの頃、この道より上は少し「遠い」世界。
そこらの道と違って、名前ついてるし、二車線で何かを
隔てている気がしていました。

八幡神社に行く時、コープまでわざわざ買い物に行く時、阪急電車に乗る時。
何か理由がないと向こう側には行かなかった気がします。

思い出にある神若線は、昭和60年ごろ。
もっと前はどんなんだったんだろう??

昭和40年代半ばと現在の神若線宮前商店街南はしあたりよりから東を臨む


2007年1月13日(土曜日)

8日目 成徳小学校

カテゴリー: - heart-angl @ 23時12分36秒

新年一発目は少し趣向をかえてみました。

戦前からの校舎が震災直後まであったので、見覚えのある方も
多いことでしょう。

灘では有名な話ですが、「ホタルの墓」に登場したのもまさにこの校舎です。

ほんの10数年前まで毎月油引きが行われ、木製の窓(冬でもすきま風が・・・・)
煙突のあるストーブ。講堂のシャンデリア、なんと趣き深かったことでしょう。

同窓会をしてみたもののなつかしむところがすくない六甲道がさびしいなぁ。

1992年ごろ、東門より。


2007年1月6日(土曜日)

本年もどうぞよろしく!

カテゴリー: - heart-angl @ 23時29分32秒

昨年はご来場ありがとうございました。

今年は当時の写真がつきてしまうのでは・・・との危惧もあったりなかったりですが、
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

みなさまにとって良い年でありますように・・・


33 queries. 0.037 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress