灘区昭和館 カレンダー
2006年 10月
    11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2012年4月10日(火曜日)
無名時代の桜トンネル
2011年7月4日(月曜日)
パパとママと過ごした日
2010年6月10日(木曜日)
地下道慕情(2)西灘の好々爺
2010年5月19日(水曜日)
地下道慕情(1)
2010年2月9日(火曜日)
奥摩耶の銀盤
灘区昭和館 月別過去ログ
灘区昭和館 カテゴリ一覧
灘区昭和館 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘区昭和館 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...

2006年10月19日(木曜日)

2日目 198X その1

カテゴリー: - heart-angl @ 01時09分58秒

198X年の六甲道。

今の姿(新しい写真)からは想像もできない、記憶の中だけの世界。

細い道の喫茶店。

突き当たりの薬局。

幼すぎて、お世話になった記憶すらないけど、なつかしい。

少し歩いていけば、戻れそうな風景。

でもどこまで歩いてもたどり着けない198Xの六甲道。

せめて、記憶と写真は消えてほしくない。

※三輪車で遊んでるのがぼくです。

(写真:備後町5丁目付近 左:1980年代初頭、右:2006年10月)


2006年10月12日(木曜日)

1日目 ふるさと in2006

カテゴリー: - heart-angl @ 00時20分05秒

「次はろっこうみち〜っ、六甲道です。六甲道を出ますと三宮、元町・・・」

どんなに遠くに行っても、三宮に行ってもこのアナウンスを聞くと安心します。
うまれもそだちも「六甲道」ですからね。

そしておそらく灘でもっとも移り変わりの激しい町。
いま、ぼくの生まれ育った場所は広い歩道になってます。
ある人は公園になってしまったり、
ある人は移ろいゆく様をみながら変わらず暮らしているのでしょう。

20数年しか生きてないのにこんなに「なつかしい」が多いまち。

そんな、六甲道。
「ちょっとなつかしい」をテーマにみなさんと同じ「なつかしい」を共有できたら
いいな〜と思います。

家のあったところウェルブ西はしから


29 queries. 0.025 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress