灘区昭和館 カレンダー
2007年 4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2012年4月10日(火曜日)
無名時代の桜トンネル
2011年7月4日(月曜日)
パパとママと過ごした日
2010年6月10日(木曜日)
地下道慕情(2)西灘の好々爺
2010年5月19日(水曜日)
地下道慕情(1)
2010年2月9日(火曜日)
奥摩耶の銀盤
灘区昭和館 月別過去ログ
灘区昭和館 カテゴリ一覧
灘区昭和館 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘区昭和館 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...

2007年4月28日(土曜日)

22日目 振り返って・・・

カテゴリー: - heart-angl @ 08時00分00秒

アーケードをぬける。
神社の鳥居が見える。
山手幹線を横切り・・・・

そして振り返ってみる。

今通ってきたアーケードだ。

なつかしいスタイルのアーケード。
きっとその下でいろんな出会いと別れがくりかえされたんだろう。
震災を乗り越え、道ゆく人、そこにいる人を雨風から守ってきたアーケード。

もう一度だけで良いからとおってみたいなぁ。

震災後、アーケードがあった頃。山手幹線を挟んで宮前商店街を臨む。


2007年4月21日(土曜日)

21日目 中に入って・・・

カテゴリー: - heart-angl @ 08時00分00秒

震災後ここからの眺めはかわってない。西側は火災がひどかったようですが、
幸いアーケードはほとんど残ってこんな感じ。

乾物屋さんの匂いや魚屋さんのかけ声も、市場を通って出てくる人もあったあの日。
そういえば、南側の入り口は果物屋さんがあって幼かった心を惹かれたものでした。

今では、年中無休が当たり前だけど、商店街の定休日はこんなかんじで、
店が閉まっていつもと違う表情だった。

「あ、今日は休みか、ほな八幡商店街の方にいってみるか・・・」

便利さの追求や技術の進歩が、アーケードの定休日の表情やいつもと違うところに買いにいく楽しみも人々から奪っていったのだとしたら、すこし残酷な気もします。


2007年4月14日(土曜日)

20日目 失われた・・・

カテゴリー: - heart-angl @ 00時00分00秒

宮前商店街を神若線から臨む(詳細時期不明・震災後)

すごくむかしのような気がしますが、実は震災後なんですね。
国道2号線から六甲新道商店街、宮前商店街、そして八幡神社という門前町の名残をよく残した道。

年に一度、八幡神社が厄神さんの時は、出店と商店街の店の相乗効果で、とくににぎわっていた記憶があります。

夏の夜店はこの商店街じゃなかったかな?
八幡商店街かな。

どちらもアーケードがなくなって寂しいですね。立派な建物ときれいな店舗にはなっても、そこが「通り道」じゃなくなってるので、「アーケード」だったころにのように記憶に焼き付かなさそうなのも寂しいですね。

それはそうと、宮前商店街

ほんの少し状況が違っていたら、本当はこちらがメインストリートだったかもしれません。

震災は人の運命だけでなく、「まち」の運命もかえてしまったのかもしれません。

最後に現在の同じ場所↓


2007年4月7日(土曜日)

19日目 上空より2

カテゴリー: - heart-angl @ 08時00分00秒

フォレスタから。

「太陽神戸銀行」がありますね。
子ども心に「銀行」=「太陽神戸」でした。
六甲道にあるのに「灘支店」。
ややこしいなぁ・・・・。(今は違うかもしれませんが)

ちょうど、ガラス張りのモダンな建物で駅前でひときわ目立っていただけでなく、
エアコンの少なかった当時よく涼みにいったものです。

買い物帰りのおかん「あついし銀行で涼んでいこ」
僕「さむい・・・」

そして独特の銀行の香り。お金の香りではないようですが・・・・。いまはあまりしませんね。
というか、当時も他の銀行ではしなかった気がします。


33 queries. 0.043 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress