2017年 11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年9月15日(水曜日)
コウコウへ
2008年9月1日(月曜日)
子パンダ天国へ
2008年8月26日(火曜日)
【灘ニュース速報】灘パンダ誕生!
2008年6月30日(月曜日)
ZOOステッカー2008思案中
2008年5月26日(月曜日)
おもろうてやがて悲しき諏訪子カレー
ZOOマニア 月別過去ログ
ZOOマニア カテゴリ一覧
ZOOマニア 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ZOOマニア を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...

2010年9月15日(水曜日)

コウコウへ

カテゴリー: - nada @ 21時00分30秒

キミが灘クミンになったのは8年前だったね。
やんちゃな初代コウコウが実はやんちゃじゃなかったので、
代わりに中国からやってきたのがキミだった。
運動場でいつもだらしなく股を広げ、ムシャムシャと笹を頬張る様子が目に浮かぶよ。
時には寝ながらの脱糞ショーなど、アイドルらしからぬパフォーマンスが大好きだった。
おかげで白い部分まで汚れちまってさ。
「おかあさ〜ん、このパンダばっちい!」とか子どもに言われちゃってさ。
でもハートはピュアだったよな。
天真爛漫なふるまいとは裏腹にキミは意外とシャイだった。
気の強い彼女のタンタンから「ワン」とほえられ退散したエピソードは語り草だね。
だいたいパンダが「ワン」と鳴くことに、僕は驚いたよ。
そんなことからキミは「草食系パンダ」と呼ばれるようになった。
いや、笹を食べてるんだから当たり前だよな。
人間ってのはほんとバカだよ。すまんな。

僕はキミをいつかあの狭い運動場から連れ出して、摩耶山に連れて行くつもりだった。
摩耶ケーブルから、摩耶山を縦横無尽に歩き回るキミを見てみたかった。
きっとイノシシ一家ともうまくやっていけたと思う。

でもキミは摩耶山を通り越して星になってしまった。
あの日、西の空に明けの明星が輝く頃、一つの光が宇宙へ飛んで行った。
それがキミだったんだね。
摩耶山は星が降りると言われる山なんだ。
来年の夏、またキミが降りてくることを楽しみにしているよ。

諏訪子ばあさんにはキミのことはよろしくって言っておいたから、
ゆっくり休みなよ。
マウンテンゴリラのザーク親分や、ノッポのマサイキリンのたかお兄さん、
肝っ玉母さんの茶目子さんもいるし、天上の王子動物園はきっとにぎやかだよ
そうそう、あの亀井さんもいるから大舟に乗ったつもりで安心しな。

コウコウ、これからキミは永遠の灘クミンだ。
また会いにいくよ。

ありし日のコウコウ

[関連記事]
パンダの雄「コウコウ」死ぬ 神戸市立王子動物園
パンダの興興、人工授精最中の悲報 王子動物園
「興興」安らかに 王子動物園が記帳台 神戸
パンダ「興興」死因調査へ 中国の専門家チーム


2008年9月1日(月曜日)

子パンダ天国へ

カテゴリー: - naddist @ 12時00分44秒

8月29日に子パンダはわずか3日という短い生涯を終えました。
時折我が子のように竹を抱く、母タンタンの心中を察すると胸が痛みます。
子パンダのご冥福をお祈り申し上げます。
海星のマリア様と摩耶山の摩耶夫人に抱かれ安らかに。
                               合掌

パンダの赤ちゃん死ぬ 神戸・王子動物園(08/08/29)
「お母さん気落ちしないで」 パンダ赤ちゃん死亡(08/08/30)
パンダ館を再公開 神戸・王子動物園(08/08/31)


2008年4月11日(金曜日)

[追悼]諏訪子、インドに帰る

カテゴリー: - naddist @ 17時00分01秒

2008年4月10日、午前5時50分。
西の空に明けの明星が輝く頃、一つの命が宇宙(そら)へ飛んで行きました。
インドゾウの諏訪子逝去。
享年65歳、人間なら100歳を越える齢。

諏訪子の死とともに散り始めた王子の桜。
摩耶山が泣いているような涙雨。
盟友の死を察したのか、奇声をあげるフラミンゴ。
主を失ったゾウ舎は立ち入り禁止。
前週の桜の通り抜けの喧騒が嘘のような
あまりにもひっそりとした最期の朝です。

   

  1943年にインドで生まれたゾウが1950年の9月に神戸市諏訪山動物園の2匹目の象として来園。
  諏訪山にちなんで「諏訪子」と名付けられました。
  しかし閉園が決まっていた諏訪山動物園には実は半年ほどしかいなかったのです。
  もうすこし来日が遅れていたら違う名前になっていたかもしれません。
  そして翌年の3月には伝説の「原田の森動物大移動」となります。
  この大引っ越しのトリを勤めたのがインドゾウの摩耶子と諏訪子。
  諏訪山〜山本通〜加納町〜布引〜王子動物園を歩いて移動させるというかなり強引な
  イベントだったようです。
  沿道を埋めた市民の数2万人。
  途中市電や車に驚き暴れだしたりとハプニングつづきで、最後は消防車、パトカーで取り巻いての
  行進という北京オリンピック聖火リレー顔負けの情景が展開されたようです。

  開園当初の王子動物園は設備も悪く諏訪子たちも仮設獣舎での暮らしが続きましたが、1953年に
  ようやくゾウ舎が完成、足に繋がれた鎖からも開放。
  しかし、1956年、姉貴分の摩耶子が亡くなります。
  タイの農家で買われていた摩耶子はおとなしくて頭がよく、芸もよく覚えたため獣舎建設の資金を
  かせぐため各地を「営業」させられ、それが寿命を縮めたのかもしれません。

  ひとりぼっちになった諏訪子ですが、やがて伴侶と出会うことになります。
  1957年、岡山の池田動物園から「太郎」がやってきます。
  「一目会ったその日から恋の花咲くこともある
   見知らぬあなたと、見知らぬあなたにデートを取り持つ、パンチdeデイト!」
  ま、こんな感じだったんでしょうか、2頭は鉄柵越しに鼻で挨拶をしたそうです。
  しかし脱走の前科まである太郎の気性が荒かったため、すぐには結婚にはいたらず
  交際5年、1962年にようやく「新婚さんいらっしゃ〜い!」となりました。
  結婚式ではもちろん三三九度の杯。
  「ここは一つ西郷の酒で!」
  といきたいところですが、さすがにそれは無理で、
  樽に入った黒糖水を2頭が鼻をのばして飲み干す、という「沖灘的作法」がとられました。
  結婚後の2頭は王子動物園のおしどり夫婦として…いや「インドゾウ夫婦」として人気を博します。
  たとえれば長門裕之と南田洋子みたいなもんでしょうか。(古)
  いや、 やんちゃな太郎をなだめる(時には叱責する)諏訪子という図式は
  京唄子、鳳啓介に近いかもしれません。(これまた古)

…私の諏訪子の思い出はこの結婚式以降です。
神戸市内の小学生は必ず王子動物園で写生大会というのがあって、
もちろん、人気者の諏訪子は太郎とともにトップモデルだったわけです。
ただ、当時の諏訪子はとても元気で結構激しく動き回っていました。
子どもたちは諏訪子にクレームを出します。

「ああもう!諏訪子描きにくいから動くなや!」
「諏訪子止まれ!」
「諏訪子動きスギ!」

あれから30年、諏訪子はほんとうに動かなくなったのです。
桜の季節、花見の喧騒も一段落しようとしていたころでした。

[ねがはくは 花のもとにて春死なむ そのきさらぎの望月の頃](西行法師)

「通り抜けのときに、私が死んだら桜を楽しんでいる人に迷惑かかるからねぇ」
孫のオウジも無事生まれた春の日、西行の歌のようにまるで死に時を選んだかの
ような諏訪子の大往生。
そう、大往生なんです。
インドから異国の地へやってきた諏訪子が、インドの法道仙人が開いた摩耶山にいだかれ
ふたたびインドへもどっていったのです。
もう、インドカレー食べてお祝いしたいくらいです。

おつかれさま諏訪子さん。
ナマステ(ありがとう)諏訪子さん。
摩耶子と太郎によろしくお伝えください。

私たちはここにくればいつでもをあなたを思い出すことができるはずですから。

日の出前にインドへ旅立った神戸っ子の諏訪子さん。
神戸らしく明るいスイングジャズで送り出したいと思います。

                               合掌



THE WORLD IS WAITING FOR THE SUNRISE(世界は日の出を待っている)
Benny Goodman and Red Norvo (1960)

ご存知、夢と希望に満ちたゴキゲンな、どスタンダードを
Benny Goodman and Red Norvoの演奏で。
諏訪子と太郎がつきあっていたころの映像。
グッドマンのクラリネットがなんとなく若かりし頃の諏訪子嬢の笑い声のよう。

公式お別れ会は4月19日に開催。
灘クミンによる「諏訪子送別会」はまた別の日に行います。
ナダタマイベント欄をチェックしてください。

[参考書籍]諏訪子と歩んだ50年(王子動物園)
[諏訪子関連ニュース]
「国内最高齢のゾウ 諏訪子死ぬ  神戸・王子動物園(4/10)」
「ゾウの諏訪子 神戸の歩み、市民とともに(4/10)」
「諏訪子安らかに、19日にお別れ会(4/10)」
「国内最高齢のゾウ 諏訪子の大往生、市民も悼む 神戸(4/11)」
「諏訪子に献花や記帳続々 王子動物園4/11)」
「ゾウの諏訪子に涙の別れ600人 王子動物園(4/12)」





2007年12月17日(月曜日)

I call your name

カテゴリー: - naddist @ 16時00分44秒

最近の子どもの名前、違和感ありませんか。
親が自分の子どもにどんな名前をつけようと勝手だし、他人が
どーこー言うことでもないんですけど、気になります。
「凛花ちゃん」とか「花音ちゃん」とか。
明らかに源氏名かグラビアアイドルの名前っぽくないすか?
本当に長期的な視点で命名しているのか?
名前から親の熱い思いや愛が感じられない。
(該当する方がいらしゃいましたらスイマセン)
男子の名前も同じく。
「翔クン」に「魁斗クン」って、なんで「突っ張ることが男の
たった一つの勲章」的な名前をつけたがるんですか?
そしてなぜ子どもを「翔ばせ」たがるんですか?
だいたい、翔んだものは落ちるのが世の中の道理です。
(該当する方がいらしゃいましたらスイマセン)

いや別にそんなことをボヤキたいわけではなくて…
王子動物園に生まれた子ゾウの名前が決まったのです。
去る12月15日に小ゾウのデビュー式典が行われました。
当日、象舎前には朝から黒山の人だかり。
つーか、全然見えないし。

子ゾウのデビュー

来園者の注目が集まる中、いよいよ名前の発表です。
「命名 オウジ」

命名オウジ

やはり、そう来たか…。
予想されていた名前ではありました。
昨今の「○○王子」に乗っかった軽い案ともいえなくもないですし、
語尾を伸ばすと輸入肉ぽいのが若干気になりますが、悪くないかと。
なぜなら、
諏訪山にちなんだ諏訪子、摩耶山にちなんだ摩耶子。
そして王子動物園で生まれたオウジ。
地名を名前に刻むというこれまでの伝統を踏襲しています。すばらしい。
王子という地名が名前としても適していたと言うのもポイントです。
これが天王寺動物園で生まれていたら「テンノウジ」なんていう呼びづらい
名前になっていたわけですから。
それともう一つ
オウジのジは「二」「次」という意味にもとれます。
オウジは夭折した姉モモの弟なのです。モモの分まで長生きしてねという
思いがオウジのジから読み取ることができます。

で、もう一つ気になるのがナダタマ応募案がどうなったかということ。
命名は投票数で決まったのですが、
1位 オウジ 115票
2位 トニー 107票
ムフフ。
ryoさんからご応募いただいたナダタマ案「トニー」が2位に入りました。
次点ですからね。快挙です。
あとは
3位 元気
4位 ズック
5位 プリンス

残念ながらもう一案の「摩耶夫」は入賞できませんでしたが、
上位に「翔象(ショウゾウ)」「象斗(ショウト)」とかの
「突っ張ることが男のたった一つの勲章」的な名前が入らなくてホっと
してますです。でもいくらザークの子だからったって「ズック」はないよな。

とにかくオウジ君には王子動物園のプリンスとなるべく
すくすくと育っていただきたいと願うわけです。

[関連灘ニュース]
僕はハナナガ「オウジ」 子ゾウの名前決定 王子動物園


2007年10月29日(月曜日)

ゆく命くる命

カテゴリー: - naddist @ 19時00分44秒

先週の王子動物園はビッグニュースで幕を開けました。
10月15日の「ZOOマニア」でもお伝えしたインドゾウのズゼが10月21日
についに出産

灘区的にはこの日を祝日にしたい気分です。
いやめでたい。

ズゼ出産ニュース

クミンにとっても今が一番ワクワクする時期です。
神戸っ子だからやっぱベビー服はファミリアかなあ。
ゾウがクマのマークつけてたら変かなあ。
ファミちゃんブルーかなあ。リアちゃんピンクかなあ。
あ、そうだ、男の子でしたっけ女の子でしたっけ?
え?男の子なの?
男…
男か…

二代目摩耶子を襲名させられない…

ま、それは置いといて名前をつけなくてはいけないのです。
そのうち公募が始まると思うので、これはナダタマとしても
応募しないわけにはいかない。
てことで、ナダタマでもインドゾウの赤ちゃんの名前を募集しますので
考えといてくださいね。

洋洋逝去ニュース

そして、週末には悲しいニュース。
まるで新しい命と入れ替わるようにレッサーパンダの洋洋が天国へと
旅立ちました。
享年22歳。人間でいえば100歳を超えており、
国内最高齢のレッサーパンダでした。
洋洋おばあちゃん、最後までチャーミングでしたね。
耳が少し小さくて、なんかこう八千草薫のような、
いやミヤコ蝶々みたいな感じでしょうか?
彼女は京女だったのですが、神戸の空気が合っていたのでしょう。
直立レッサーパンダの風太が人気を博したときなども、
「千葉の子ぉは立ついうて人気らしおすけど、あれは下品どすなぁ。
 えぇ?ウチにも立ていいはるんですか?
 てんごいわはったらあきまへんぇ。よそさんはよそさん
 王子動物園は王子動物園どすぇ。おおきにはばかりさん」
なんて感じでひょうひょうとしていた姿が思い出されます。

新しい命と旅だっていく命。
不思議な縁を感じます。
動物園ってなんだろう、なんのために必要なんだろうと考えた時、
一番重要なのはやはり命の意味を考える場所なんだということかと。
彼らがなぜ灘区にいて灘区で死ぬのか?
そういう命に対して灘クミンとしてどう接するのか?
そこに「ZOO魂(ズータマ)」があるのだと思います。

洋洋ばあちゃん、今頃天国で
「諏訪子はん、元気なお孫はんが産まれてよかったどすなぁ。
 ウチの分まで長生きしとおくれやす」
なんて言っているかもしれません。
立たなくていいですから、どうぞゆっくり休んでくださいな。

                          合掌


2007年10月15日(月曜日)

もうすぐ誕生!の巻

カテゴリー: - naddist @ 10時30分44秒

タマ「我々このコーナーに出ていいんですかね?」
ナダ「ナダタマ1周年ってことで灘道中膝栗毛とのメタボ企画なのさ」
タマ「メタボじゃなくてコラボでしょ。で、なんで動物園なんですか?」
ナダ「そろそろなんだよ」
タマ「パンダを中国に帰すのが?」
ナダ「違うさ。新たな灘っ子が誕生するのよ」
タマ「あ!そうかインドゾウのズゼの赤ちゃんてそろそろ生まれるんですよね」

動物園ニュース

ナダ「ひょっとしたら今週中くらいらしいぜ、
   もうパンストもギンギンに盛り上がりまくり!」
タマ「やめてください、その卑猥なもの言い」
ナダ「すまん、パンダストリートも盛り上がってるんだよな」
タマ「なんてったって動物園前商店街ですからね」
ナダ「いや、たまたまパンストで飲んでたらさ、とある人から
   『ナダさん!もうすぐ生まれるの!どうしてくれるの!』
   なんて言われてさ。やべ、なんか責任とらなきゃないのかな
   なんて思ってたらズゼの事だったよ」
タマ「もう自分がズゼの気分なんでしょうね」
ナダ「『もうおっぱいも張って、産道もすごい広がって大変なのよ』
   なんて言われてさ、これってセクハラじゃね?」
タマ「なに言ってるんですか!ズゼにとっては3回目の出産ですよ!
   しかも1回目が流産、2回目にようやく生まれたモモもケガが
   原因で死んじゃったし、ズゼにとっても王子動物園にとっても
   そして灘区民にとっても悲願の出産じゃないですか!」
ナダ「すまん」
タマ「で、結局天上寺の安産腹帯はプレゼントしたんですか?」
ナダ「ズゼに合うサイズがないんだよな」
タマ「ま、ゾウ用の腹帯なんてきいたことありませんからね。
   じゃ、徳井神社の安産箒は?」
ナダ「あ、忘れてた…その代わり」
タマ「なんですか?」
ナダ「王子神社で七五三の予約しといた」
タマ「気が早えーよ」

ズゼ


2007年7月2日(月曜日)

男女4頭夏物語

カテゴリー: - naddist @ 11時50分15秒

灘区きっての艶男(アデオス)、コアラのモモジが亡くなって4ヶ月。
その跡継ぎと目されているのがピックスです。
でもピックス君、動物園では「星の王子様」「ユーカリ王子」と呼ばれる
ほどのおぼっちゃまでして、モミジ兄のような「チョイ悪コアラ」には
なりきれていないわけです。
女子は3頭。
クールなサナエ嬢、甘えん坊のラム嬢、勝ち気なマリア嬢。
王子動物園のかしまし娘、いやキャンディーズ。
現在このピックス君とキャンディーズの恋物語が繰り広げられているのです。

ピックス君のなんとなくのったりもっさりしたプリンスなたたずまいが
母性本能をくすぐるようで、彼に熱烈に恋をしているのが王子動物園の艶女
(アデージョ)マリア嬢です。
ピックスより6才年上のマリアは神戸生まれ神戸育ち、生粋の神戸ガール。
動物園の北にある海星のマリア様にちなんだと思われる名前は伊達じゃ
ありません。
王子動物園の三浦りさ子、いや藤原紀香を目指しているマリア嬢なのですが、
いかんせんユーカリにプリンセスソースかけて食うくらいの勢いで、好奇心
食欲とも旺盛ときたもんで、ピックス王子はびびっちゃってるわけです。
つーか、ピックス、女の子にはからっきし弱いわけです。

実際に見てもらうとわかりますが、とにかくマリアのピックスへの
視線は本当に熱い。5ニキータあげたいくらいです。
もう、ピックスに穴があきそうなほどなのです。
でもピックスはマリアからの熱いレーザービームをさけるように、
ユーカリの葉っぱの中にかくれる始末。
もうはたから見てても「しっかりしろよな」って言いたくなりますよ。
きっと天国のモモジも草葉の陰、いやユーカリの陰から、
「全く情けねえなあ、マヤドーの金蛇精をユーカリに塗っておくんだよ!」
なんて嘆いていることでしょう。
ま、とうてい艶男(アデオス)にはほど遠い駄目男(ダメオス)振り。

ということで、海千山千、百戦錬磨の灘男(ナディオス)の皆様、
ピックス君に恋愛指南してあげていただけませんでしょうか?

私はマリア嬢にプレゼントする天上寺の安産腹帯を一足先に買って
おきます。

それでは、アディオス!(さよなら)

写真左:来園者に背を向けひたすらピックスに熱い視線を送るマリア嬢
写真右:ユーカリに隠れるピックス

マリア嬢ピックス君


2007年6月11日(月曜日)

諏訪子姉の憂鬱

カテゴリー: - naddist @ 13時00分38秒

日本最高齢だ、長寿だ、婆さんだなんていわれている諏訪子さん。
いやまだ1943年生まれの64歳ですぜ。
象の世界に社会保険庁があるかどうかは定かではありませんが、
まだ年金もらえないんですぜ。
ということでZOOマニアでは諏訪子姉(ねえ)と呼ばせて
いただきやす。

その諏訪子姉、最近変化があったのをご存知ですか?
実は爪が短くなりました。
というのも、ずっと室内で過ごすことが多くなったので
爪がのび放題だったのです。
で、それが原因となって「爪周囲炎」という皮膚の炎症を
おこしたりしていたのです。
これが見た目にも痛々しいし、諏訪子姉もさぞや憂鬱だった
でしょう。
で、若いズゼやマックなら「さあ爪切りましょうね〜」と
なるのですが、
勝ち気な諏訪子姉、
「アンタなんかにゃ私の爪切らさないよ」
って感じで、許してもらえない。

飼育員氏は知恵をしぼりました。
掃除用のモップの竹の柄にノコギリを仕込んで
「モップ風爪切り」をつくったわけです。
それで「足元の掃除をさせてもらってま〜す」って感じで
諏訪子姉に近づき、キコキコと切ったわけです。
諏訪子姉の目線からしたら
「あら、お掃除ごくろうさま」って感じで、本人(象)、爪を切られ
ているとは思っていなかったようです。
それでも巨大な象の爪、切断には数日を要しました。
ともかく、見た目にもスッキリして、痛々しさもなくなった諏訪子姉
の足元を見てやってください。

子どもたちが寄ってくると必ずする、諏訪子姉の「キメポーズ」
知ってますか?
「耳をパタパタ、軽く鼻息、鼻を前に伸ばしながら、左足を上げる」
爪が短くなって、心なしか足の上がりもいいような。
そのとき小さくてもいいから声をかけてあげてくださいな。

「よっ諏訪子姉!今日も粋だねぇ!」

諏訪子キメポーズ


42 queries. 0.085 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress