2019年 12月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2010年9月15日(水曜日)
コウコウへ
2008年9月1日(月曜日)
子パンダ天国へ
2008年8月26日(火曜日)
【灘ニュース速報】灘パンダ誕生!
2008年6月30日(月曜日)
ZOOステッカー2008思案中
2008年5月26日(月曜日)
おもろうてやがて悲しき諏訪子カレー
ZOOマニア 月別過去ログ
ZOOマニア カテゴリ一覧
ZOOマニア 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年4月9日(月曜日)

夜桜通り抜け

カテゴリー: - calm @ 08時00分00秒

今年の夜桜の通り抜けは4/5,6,7日。
初日の木曜日に息子と行ってまいりました。
自分のデジカメで撮影したところあまりに真っ黒なため、急遽コンビニで
夜景仕様の使い捨てカメラを購入し再チャレンジ。
ところが普段デジカメですぐ確認できることになれているため
その場で撮影した結果がわからない状況にやや緊張しながら
歩を進めていきました(結果オーライ(^^)v昔は当たり前でしたね)。

 

まず入り口。あやしく煌めくこのコントラスト。幻想的な雰囲気を漂わせてますね。
募金の右手には標準木。まぁ、私もnaddist氏のブログで知ったんですがね(;^_^A

 

息子と二人でゆっくりと歩きます。
うれしそうにオペラグラスで2m先の桜も見てます。(アホやな〜)
なかなかの賑わいですが決してゴミゴミすることなくゆったりと、歩を止めることも、
横で休むこともできます。この感じが私にとって灘の好きな所です。

 

この辺まで来ると現在地を見失ってきます。
完全に誘導されますのでただただ桜“波”木に身を任せひとときの現世離れ…
イヤ、横で現実が私を引き戻す。
「カバンのひもがちぎれたんやけどどうしたらええ?」
「好きにせぇ!」

 

近くで見てみるとなんだかわからなくなってきます。
日本人ってなぜこんなに桜が好きなんでしょう。
「桜の花が綺麗なのは、その昔戦で死んだ人たちの亡骸を桜の木の下に埋めた
からだ」なんて話をなんかの本で読んだことがあります。帝都物語だったかな?

 

まぁ、みんなお行儀よくうっとり見とれてます。ほんまみんな好きやな〜(^^)v

 

 

こうやって夜桜を撮影してみるといかに現実と2次元は違うかを思い知らされますね。
花の匂い、風の匂い、音すべて含めて迫力が伝わりませんね。
多分8〜9分咲なんでしょうが圧巻でした。

 

  

ここはやたらとみんなが近くで撮影していたので私も撮ってみました。
いかがでしょう。

旧ハンター邸。バッチシシチュエーションなんですが力不足でこんなもんです。

 

最終地点。振り返って撮りました。ここはいいのですが他の地点はライティングの
関係で進行方向に逆ではライトの逆行になりいい絵がとれません。
次回からはみなさん必ず進行方向で撮影しましょう。えっ!常識?!(;^_^A
まぁ、気にせずに散る前に昼間の桜も見に行こう〜\(^O^)/

散りゆく桜に思いを馳せるならキングクリムゾンの「待ってください」(^^)v

昼間の花見のどんちゃん騒ぎにはザ・フラテリスのFlathead 最新だぁ〜(^^)v


2007年1月22日(月曜日)

大人の動物園

カテゴリー: - calm @ 08時30分00秒

王子動物園をとことん楽しむ「ZOOマニア」。まずは、ナダタマがサポートすべき動物を選ぶところから始まります。ということでしばらくはナダログブロガーによる「動物選び」。トップバッターは王子動物園直近クミン、かつ子連れのナダロガーcalm氏です。それではよろしく(naddist)

こんにちわ、calmです。
動物園にはたまに行きます。
ユニバなどはそりゃ家族で行けば楽しいんでしょうが何かと高くついてたまりません。
その点、王子動物園は安上がりで子どもも大喜び。
さすがに小学生中学年ともなると一緒に動物園に行ってくれませんので
チビと嫁とでGo。本気で動物を見るのは何年ぶりだろう?

こうやってみると「観覧車」があるなんて立派な動物園だな〜。 

おなじみの入口のフラミンゴ。開園してすぐにはいったのですが、
朝は一本足打法がすくなかったです。昼から一本足になるんでしょうか。
トーク・トークの"It’S My Life"のPVが頭にすぐ浮かんできます。

 

孔雀はまったくサービス精神がありません。遠目では孔雀かどうかもさだかじゃありません。
しっかり羽根を拡げてほしいものですね。

朝っぱらからガッツガッツと食欲旺盛、人が見ていようが全く意に介さず。
必死なほどに笹を食べておりました。いや〜腹が据わってます。
もっと効率のいい食べ物を選べばいいのにと思う私は現代人ですね。

 

上がシロミミキジで下がミミキジ。クロミミキジにしてくれたら覚えやすいですね。

  

 

アシカ。なかなか可愛い顔して寝てます。
しかし泳ぎ出すと2mは超えそうなその巨体に圧倒されます。海では絶対出会いたくないですね。

シロクマは本当にデカイです。撮影したところからだいぶ離れていましたが
その大きさは充分に伝わってきます。おまけにパンダと違ってとても獰猛そうです。
気になったのはペアのシロクマとの距離です。20m以上はあったでしょうか。
3mの関係どころではないですね。

猿達。我々の親戚そうなのもいればリスみたいなのもいますね。

 

ギャング風な彼ら。悪巧みしてそうです。

怯えてるのかな?なんか可哀相になりましたが顔はとてもかわいいです。

 

カバは臭いです。とても堪えられません。しかしアマゾンではその糞が小魚達の
貴重な栄養源だとか。色んな栄養の取り方がありますね。

サイも臭いです。朝だったからでしょうか。とにかく寝てる動物が多かったです。
走って飛び乗ってロデオできそうな背中していました。

ダチョウ。なかなかいいフォルムしてます。マンガみたいですね。
足は恐竜の子孫であることを証明していますね。イカツイです。

ニホンジカ。かしこそうです。逆にこっちがウォッチされているようでした。

定番のキリン。後ろから見ると馬に似てますね。背中はなだらか過ぎて乗れそうにありませんが…
キリン目キリン科と書いてあったので馬とは親戚でもないんでしょうね。

  

全然うまく録れなかったニホンオオカミ。格好いいです。
可愛いです。犬のようで愛着が持てます。飼ったら平気で指の一本二本持っていくんでしょうね。

 

山嵐の背中は本当に凶器ですね。自然にこんな防御服ができるんなんて本当不思議ですね。
他の動物も近づけないでしょう、そりゃ。
スカンクに比べて防御の仕方が格好いいです。

 

フクロウ。目が前についている鳥。おじいさんのイメージがありますが
小ねずみなどを食べる肉食ですね。タフなじいさんですよ、まったく。

    

マナヅル。昔話しでもおなじみの美しい鳥。

ア○フラック!アヒル?これが結構かわいいんですよね。
水浴びが好きなようで清潔で綺麗です。本当に羽根が綺麗でした。

  

名実ともに一番お世話になっているニワトリ。格闘家の体はほとんどニワトリから出来ている
と言っても過言ではないでしょう。卵も朝からお世話になっています。感謝感謝。

 

そんな訳でこれはニワトリの鎮魂塔なんでしょうね。こんな所にあるなんて
全然知りませんでした。思わず手を合わせてしまいました。
みなさんも行かれた時は手を合わせて下さいね。

あと猛禽類、象も見たのですが他の方のネタのために割愛させていただきます。
これ以上は長すぎますしね。

いろいろ回ってナダタママスコットアニマルにいいと思ったのは数種類。
ライオンやゾウ・パンダはありきたりなのでダメですね。
…………….アヒル(まさかあれはガチョウなのか?)
違いの分かる方教えて下さいm(_ _)m

calmプロフィール
灘北通クミン。生まれも育ちも兵庫区という生粋の「ヒョウガー」だったが灘区に魅せられ震災後灘区へ移住。格闘技とラリーカールトンとコナモンを愛する、2児の父ナダロガー。
担当ナダログ:ナダコナ
http://www.nadatama.com/modules/wordpress6/


32 queries. 0.045 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress