2006年 12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2008年6月20日(金曜日)
夏を先取り
2008年5月23日(金曜日)
今年も赤い宝石を。
2008年5月2日(金曜日)
春祭りっ!
2008年4月14日(月曜日)
わんぱく公園その後
2008年2月15日(金曜日)
ぼた雪舞う週末
灘っ子日誌 月別過去ログ
灘っ子日誌 カテゴリ一覧
灘っ子日誌 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2006年12月15日(金曜日)

落とし穴

カテゴリー: - WACK! @ 11時07分59秒

もはやマイスター。
職人が3人揃えば広い砂場の全てが危険。
目で見ても分からないから
心を構えるしか打つ手がない。

こんな業師が生まれたきっかけは紛れもなく自分。
とは言っても、レベルの高い落とし穴を作って見せたが
手取り足取り教えた覚えはない。
日に日に進化する作品はついに大人をも欺いた。
師匠たる僕が引っかかってしまったのだ。

丸山公園の広いピラミッド跡地、
掘り返す様はさながら発掘作業。
実際、掘ればピラミッド時代の木片や綱が出てくることも。
穴に蓋をする落ち葉や小枝は探さずとも見つかる。
まさに落とし穴にはうってつけの公園である。

「おい〜、なんで引っかかるねん。」
頑固職人は怒る。
どうやら作りかけだったようだ。
引っかかるほどに巧妙な出来なのだが。
もはや何のために作っているのかわからない。

出来上がっていても怒られることがある。
彼らにとって落とし穴は引っかかるところまでが作品で、
引っかかり手も自分が指定した人でなければ
完成とは認めない様子なのだ。

指定した人の目を隠して連れてくる。
落ちた。
「よっしゃ〜!成功!」
目を隠したら巧妙である意味が無い…というのは大人の考え。
子どもは子どもの世界観で楽しんでいるのだ。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress4/wp-trackback.php/18

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.309 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress