2006年 12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2008年6月20日(金曜日)
夏を先取り
2008年5月23日(金曜日)
今年も赤い宝石を。
2008年5月2日(金曜日)
春祭りっ!
2008年4月14日(月曜日)
わんぱく公園その後
2008年2月15日(金曜日)
ぼた雪舞う週末
灘っ子日誌 月別過去ログ
灘っ子日誌 カテゴリ一覧
灘っ子日誌 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2006年12月8日(金曜日)

斜面

カテゴリー: - WACK! @ 08時58分27秒

阪急王子公園駅西口前
「おーい、は よ 行くぞーっ!」
僕の声が交差点に響き渡る。
女の子たちはそそくさとついてくる。
男の子たちはお構いなし。
ここを通る度に繰り返される光景。

阪急王子公園駅西口前には蟻地獄のような罠が待ち受けている。
正直、できれば通りたくない魔のエリア。
子どもたちにとっては甘い蜜場なのだろうか。
高架の支柱に設けられた斜面、
通りすがれば子どもたちは取り憑かれたように登り、滑る。

眺めながら色々考える。
この斜面にはどんな意味があるのだろうか。
なぜ子どもたちは滑りの悪いこの斜面を必死に滑ろうとするのか。
登るのが楽しいのか、滑るのが楽しいのか。

いや、滑るのが楽しいのはどうやら間違いない。
王子動物園のゾウさん滑り台も、篠原グラウンドの滑り台も
同様に魔のエリアであるからだ。
しかし、滑らないこの斜面にどんな魅力があるのだろうか。

そういえば…かつて自分も取り憑かれていたような気がする。
時間を食って親を困らせたような記憶がかすかにある。
滑るか滑らないかは二の次で、とにかく登って滑りたい。
斜面、それは駆け上るためにあるもの。
登ったら歩いて下りるなど無粋なことをしてはいけない。
駆け下りる、転がる、滑る、時には頭から。

滑り台でもそうじゃないか。
逆登りは子どもたちの遊びの定番。
下りは頭からスーパーマン。
遊びの本能に深く根ざした行動パターン。
この斜面は本能を刺激していたのだ。

いつの頃からかそんな子ども心を忘れてしまっていた。
今度自分も登ってみよう。
滑りたくなるだろうか。
何か思い出せるかもしれない。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress4/wp-trackback.php/17

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

30 queries. 0.098 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress