2010年 4月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
沖声灘語 月別過去ログ
沖声灘語 カテゴリ一覧
沖声灘語 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 沖声灘語 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...

2010年4月24日(土曜日)

[報告]沖灘区訪問

カテゴリー: - nada @ 16時00分15秒

もずく取り

去る4月16日から19日まで、沖縄で行われる「清明祭(シーミー)」に
あわせて、7名の灘クミン使節団が沖灘本区を訪問した。清明祭は本土
のお盆にあたる行事で、この日は親族が集まり祖先の墓参りを行う。
沖縄の幹線道路では「清明渋滞」が起こるほどの一大行事だ。

4月16日夜に沖灘本区に到着した一行は[かんから・カン](沖灘本区
小禄)で催された歓迎レセプションに参加、沖灘区長との意見交換を
行った。沖灘区名物「豚のしっぽ」や銘酒「舞富灘」などが振る舞われ、
長峰中生が沖灘に修学旅行に来るようになった話題などに話が弾んだ。

翌17日は沖灘中部の泡瀬干潟を視察。
泡瀬干潟は昨年水道筋で開催されたイベント「泡瀬の海を見てみよう」
沖灘海人(うみんちゅ)の宮道成彦氏から報告があった豊かな自然が
残る広大な干潟だ。泡瀬干潟を守る連絡会の前川氏の案内でクビロミドロ
などの希少生物を観察した。

泡瀬干潟

泡瀬干潟を後にした一行は、本部半島へ向かった。
この時期、沖灘では潮に手足を浸して不浄を清め、健康を祈願して楽し
く遊ぶ「浜下り(ハマウイ)」という伝統行事がある。現在でも重箱を
持って家族で海へ遊びに行くピクニック行事として受け継がれている。
灘区ではこの日、思い思いの食べ物を持って摩耶山へ遊びに行く
「山上り(ムイアガリ)」行事であるリュックサックマーケットが開催
された。灘区は山へ、沖灘区は浜へ。身近な自然を大事にする両クミン
の心が通う行事が1000kmはなれた両区で同時に開催されたことは感慨深い。
灘区民たちは遠く摩耶山に思いを馳せながら、B瀬崎でモズク取りに
いそしみ沖灘のハマウイを楽しんだ。

18日は本部半島から伊江島に渡り、灘区の「なだ桜まつり」の姉妹イベ
ントである「おきなだ百合まつり」を視察した。会場の伊江島リリー
フィールド公園には一面のユリの花が咲き誇り、灘クミンは沖灘名物の
「血イリチャー(豚の血炒め)」や「伊江島牛バーガー」に舌鼓を打った。
4日間の短い滞在であったが、両区の深い絆を確かめることができた有意義
な訪沖灘であった。(おもろまち恵憲)

ゆりまつり

今回の沖灘で収穫した沖灘モズクは水道筋の沖灘料理店[通い船]で4月23、24日に
「もずく小鍋」(要予約)として、また伊江島名物のボイルジーマミ(落花生)は
4月25日に水道筋で開催される[水道筋ビートルズナイト]で供される。


27 queries. 0.022 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress