2008年 12月
« 11月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
沖声灘語 月別過去ログ
沖声灘語 カテゴリ一覧
沖声灘語 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 沖声灘語 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...

2008年12月26日(金曜日)

灘にあった南西諸島連盟 第2部 その5

カテゴリー: - utinadanchu @ 23時18分50秒



▼ 沖縄人連盟兵庫県本部は、大山朝繁会長を中心に関西本部の名称変更の真意と兵庫県本部の対応策について検討を重ねた結果、南西諸島連盟への名称変更を求める関西本部の申し入れを拒絶し、同本部を脱退することを決定した。理由は、(1)南西諸島という薩南諸島から八重山群島までを総称するための組織名称では、総ての運動で主体性と迫力が著しく減退すること、(2)背後に沖縄人連盟とはまるで次元の異なる目的を持つ政治団体の加盟員とシンパの関係にある沖縄人連盟関西本部の事務局長と神戸の南西諸島連盟会長が共謀し、利権獲得と党利党略の足場作りを企んだ絶対に許せない行為であるから、というものだ。その後、大阪の南西諸島連盟関西本部は名称変更後ほどなく「南西諸島連盟」と「沖縄人連盟近畿本部」に分裂し、紛糾する。やがて東京の総本部の裁定により「沖縄人連盟近畿本部」は解散、「南西諸島連盟(大阪)」は沖縄人連盟関西本部に名称を戻すことで決着がついたという。
 一方、「所属政党」の勢力拡張を目指す「フラクション活動家」(上江洲氏の言葉から)は沖縄人連盟兵庫県本部に伸張し、1947(昭和47)年5月に社会党から尼崎市議に当選していた上江洲氏は同年7月に辞任した。1カ月後に上江洲は沖縄青年同盟兵庫県本部(沖縄県人会兵庫県本部青年部の前身)の執行委員長に推挙され、青年部組織で組織闘争が継続される。これで、沖縄県人会兵庫県本部35年史で上江洲氏が力を込めた「党利党略」「所属政党」の意味がようやく明らかになってきた。社会党から出馬した上江洲氏にとってのフラクション組織が共産党であろうことは、想像できる。

 

▼ 神戸における沖縄出身者の中心は、沖縄人連盟兵庫県本部副会長を兼ねる大城清蓮が代表を努める「神戸在住沖縄県人連絡取扱事務所」だった。実は、同事務所の相談役は1923(大正12)年に大阪で関西沖縄県人会を作り、戦後に東京で全国組織の沖縄人連盟創設にも関わった沖縄出身の活動家、井之口政雄だったという。井之口は1947(昭和22)年4月、戦後初の国政選挙で共産党所属として兵庫2区から立候補(落選、2年後の総選挙で雪辱)している。一方、代表の大城は、日本最大のスラムといわれた葺合区の「新川」を救済した社会運動家で宗教家の賀川豊彦と接点があった。そう、神戸では泣く子もサンライズ(メロンパン)を食う、灘神戸生協(コープこうべ)の産みの親だ。先に挙げた1946(昭和21)年1月の神戸新聞記事「悲惨な沖縄同胞に同情 街の義人が連絡事務所を開設」で「神戸在住沖縄県人連絡取扱事務所」設置に関し大城は「(沖縄人連盟は)東京に本部があり全国各地に支部があることはあるのですが、徒らに寄付金を集めるのみで何等仕事をしてをりません」と語った。そして、少年工を中心とした沖縄出身者の惨状に「賀川先生に御願ひして沖縄の事情もきき連絡をつけてやりたいと思ひます。しかし実際問題として生活に苦しむ人々に就職の斡旋をしてやり、悪への凋落を防ぎたいのです。神戸在住の沖縄県人は速やかに当事務所に連絡していただきたい」とコメントしている 。

 

▼ 当時、日本共産党は沖縄・奄美群島の米国占領を「日本からの解放」とし、占領軍を「解放軍」と捉えていた。さらに「沖縄人は日本人ではない」とする東京の全国沖縄人連盟に呼応していた。1946年2月の党大会で、日本共産党は沖縄人連盟あてに「沖縄民族の独立を祝う」というメッセージを採択している。東京の沖縄人連盟の「在日沖縄人」などの表現や共産党との関わりについては、総会でも混乱した状況にあった。しかしながら、沖縄人連盟兵庫県本部は、沖縄を日本として扱うことを主張している。一方、先にあげた神戸新聞記事で奄美大島連盟神戸支部が「親米の精神に則る」としていたように、奄美系組織にも共産党の流れがあったようだ。奄美系団体および神戸の沖縄系団体は親米派すなわち独立を目指す共産党系で、尼崎の沖縄人連盟は本土復帰派すなわち社会党系だったのか。つまり神戸の南西諸島連盟は共産党系で、この共産党系の進出により沖縄人連盟兵庫県本部は混乱に陥り、上江洲が辞任するなどの混乱があったのではないか。ちなみに占領下にある沖縄本島で1947年に発足した非合法沖縄共産党(沖縄人民党)は、日本復帰ではなく沖縄独立を掲げていた。同じ時期に結成された奄美共産党も、米国に弾圧されるまで「奄美人民共和国」の樹立を掲げた。(沖縄、奄美の共産党については諸説あり)

 

▼ 昨日12月25日クリスマスは、そんな奄美群島が沖縄より19年も早く本土復帰を果たしてから55年目の節目だった。
(つづく)
 
 

 


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress6/index.php/archives/2008/12/26/2-5/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

32 queries. 0.031 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress