2008年 8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
沖声灘語 月別過去ログ
沖声灘語 カテゴリ一覧
沖声灘語 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 沖声灘語 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...

2008年8月1日(金曜日)

沖縄タイムス1面で知る、都賀の悲報

カテゴリー: - utinadanchu @ 02時06分42秒

 都賀川の悲報にどう向き合っていいのか。言葉がない。
 またしても六甲の自然に呑み込まれた、尊い同胞のいのち。灘の土あるいは星に帰った幼い命、若い人たちの魂の冥福を、何よりも祈るばかりである。
 
 

 沖縄タイムスの1面に掲載された故郷の悲劇にぼう然としながら、石垣島の風土と精神世界を現代高校生とおばあの視点で描いた「風車祭(カジマヤー)」という小説(フィクション)を思い出していた。
 

 マブイ(沖縄でいう、魂と心の間にある、あるいは魂の前の状態にある宇宙の存在。魂魄。その人の性格や先祖関係、地霊との関係など根源的なものを含む。死ぬと魂はマブイとなりあの世に行き、魄は墓に入るという)を失った少女が、雨乞いの呪文で雨の爆風を巻き起こし、一瞬にしてアラピキ川という都賀川に似た街の川を氾濫させる。死者、行方不明者、経済損失など、島は甚大な被害を受ける。
 東京の企業が、島のリゾート用地や別荘地を買えるだけ買いあさっていた。静かな先祖の眠りがあったはずの地は重機に踏み潰され、先祖だけではなく連綿と続くマブイや祖霊さえも彷徨わせた。島人の発祥の地として信仰していた山を切り崩し、埋め立て地を作ったことで、島の地脈はすべて狂っていた。
 御嶽(ウタキ。祖霊と人間の接する場所。神社のようなもの)はすべて地脈の上にあったため、埋め立て地を沈めて御嶽を元に戻そうと、地震とともに猛烈な津波も襲ってこようとしていた。しかしながら、結果的に人間の犯した罪は命で償うしかなく、膨大な数の犠牲者が出ることを食い止めることは不可能に思われた。
 食い止めたのは、島を囲むサンゴ礁にマブイを宿した、246年間あの世に行けずに島を彷徨っていた女の魂魄だった。
 

 
 六甲では、マブイを落とした人、いや元からマブイなど持たない(企業人という意味での)東京人たちが、今も競って山裾を切り崩している。
 そうでもいわないと、僕はこの悲報を受容できないのだ。


 


*「灘にあった南西諸島連盟」は休みます


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress6/index.php/archives/2008/08/01/post-123/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

32 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress