2007年 6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
沖声灘語 月別過去ログ
沖声灘語 カテゴリ一覧
沖声灘語 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年6月26日(火曜日)

神戸出身、戦前最後の沖縄県知事

カテゴリー: - utinadanchu @ 04時13分12秒

「6・23慰霊の汽笛」神戸港、いや敏馬の泊でもぜひ

▼ 6月23日は、62年前に沖灘区のある沖縄本島で沖縄地上戦で日本軍による組織的戦闘が集結(軍司令官と参謀長が自決)し、沖縄がアメリカの手に落ちた日。15万県民が亡くなった沖縄県同様、神戸市沖灘区でもこの日を「慰霊の日」として公共機関は休業し、区民は戦争を語り継ぎ平和を希求する心を新たにしている。沖声灘語では、沖縄戦時の沖縄県知事で神戸出身の島田叡(しまだあきら)氏が消息を経ったとされる本日6月26日は休載とし(命日は7月初旬という説が有力)、6・23企画として「戦前最後の沖縄県知事島田叡の苦闘を歩く」「神戸港でも慰霊の汽笛を鳴らしてほしいキャンペーン」を行う。

▼ 前者は沖灘区設置以来の伝統行事。島田知事が日本軍の後退とともに南下しながら壕内行政を続けた首里から摩文仁への撤退路、殉職した具志頭にかけての道を訪ね、自らの遺志で沖縄の土となった故郷の大先輩を偲ぶ企画である。島田氏は神戸市須磨区生まれ。神戸二中(兵庫高校)出身。沖縄戦が迫る1945年2月、前任者が本土に逃げ帰ったため(山梨県出身で、戦後のうのうと復帰し香川県知事など経て1984年まで生きる。沖縄県知事在任期間の3分の1を本土で過ごすほか、住民の県外疎開を妨害し15万県民の業死につながった)、当時大阪府総務部長だった島田が内務省から沖縄県知事赴任の打診を受ける。「自分が行かなければ、誰かが行って死ななければならない」と、妻子を残し沖縄に赴任した。

▼ 島田知事は赴任して6月下旬に殉職するまでの5カ月間、爆撃後の県庁庁舎や沖縄本島南部の壕を転々としながら
 ・住民の疎開と安全地帯への誘導、イモなど夜間食糧増産
 ・危険を犯して自ら台湾に渡航し、米3千石を調達
 ・一切禁じられていた酒や歌舞音曲の自由解放
 ・軍司令部に県民救済のための諸策要求
 ・「玉砕」を強制する風潮にあって、投降して生き延びることを説いた
など、死を決定づけられた県民へ人間味溢れる行政を執った。前任者が本土への逃避ばかりを考えてまともな施策を全くしていなかっただけに、苦難の中での奮闘は実に鮮やかだったという。現在、平和祈念公園の一角「島守の塔」に、島田叡と、島田と行動を共にして殉職した荒井退造沖縄県警察部長、県民のため砲弾をものともせず働き職に殉職じた多数の沖縄県庁職員が顕彰されている。

▼ 毎年6月23日の正午から1分間、沖縄県下で消防署のサイレンと港湾に停泊する船舶の汽笛が鳴り、県民と沖灘区民は黙祷を捧げる。1分にわたる汽笛を聞く時、沖灘人は思わず母港神戸を思い、涙ぐむ。そこで復帰以来の兵庫沖縄友愛提携があり、復帰前には沖縄航路の税関や待合室、沖縄県人会館があった神戸港でも6・23に汽笛を鳴らしてもらい、ともに平和を希求する心を発信しようというのが後者の企画だ。来年の6・23での実現を目指す。なお、神戸では「神戸泡盛の会」(長谷川充弘事務局長)が毎年この日の夕方に集まり、黙祷している。

▼ ナダタマ読者ならご存知の沖縄民謡「通い船」「懐かしき故郷」の舞台であり、ウルトラセブンの脚本家・金城哲夫(沖縄・南風原出身)に「キングジョー」の名で愛情たっぷりに破壊された神戸港である。戦前戦後、仕事などで本土にやってくる沖縄県民は、那覇で船に乗って最初に上陸するのが神戸だった。古くは琉球王朝時代、琉球船が兵庫津と那覇を往復して琉球の品々や室町幕府時代の文物を運んだ。1月17日と6月23日に両港で汽笛が鳴ったなら、こんな嬉しいことはない。せめて6・23に神戸ー沖縄平和の汽笛が鳴ってほしいと願うが、神戸新聞は一緒にキャンペーンを張ってくれないだろうか。




沖縄本島南部、平和祈念公園の一角にある「島守の塔」。
神戸出身で戦前最後の沖縄県知事だった島田叡の慰霊碑だ。
知られざる存在だが、沖灘民族の先輩移住者として手厚い
うーとーとー(沖縄方言でいう拝み)の対象だ。
塔は1951年6月25日、沖縄県民の浄財で建てられたもの。

塔は、島田知事が多くの県民が亡くなってしまったことに
責任を感じ、軍幹部と一緒に自決しようと摩文仁で入った
「軍医部壕」の前に立っている。
(日本軍から「民間人はここで死ぬ必要はない」といわれ、6月26日にここを出て具志頭の
海岸沿いの自然洞窟内で自決されたよう)

塔の傍らに、兵庫県や神戸市から送られた追悼碑や竹中郁の歌碑などがある。裏手には兵庫県
出身の沖縄戦戦没者を祀る「のじぎくの塔」がある。
各都道府県の慰霊塔が「武烈」「散華」「勇魂」など戦死を賛美する響きの文言が多い中で、
「のじぎくの塔」は「もし沖縄戦の筆舌に尽くしがたい持久と玉砕がなければ、太平洋戦争も
別の経過をたどり、本土も上陸作戦による深刻な戦渦を受けることなしには終戦を見なかった
でしょう」と、沖縄が本土の盾になったことにも言及している。
兵庫と京都(宜野湾市嘉数高地)の碑が、もっとも戦争賛美がなく沖縄県民の苦しみにも触れ
たまともな碑文との評価がある。




TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress6/index.php/archives/2007/06/26/post-51/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

32 queries. 0.035 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress